April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

シネマ ノヴェチェント開店まであと117日!

JUGEMテーマ:映画
今日もメニュー作りに精を出しておりました。
コロッケ以外のメニューもいくつか試作しましたが、揚げ物の命はやはり油ということで、フライヤーにラード油を使うことにしました。
来月になったらラード油の一斗缶購入して、コロッケを再び作ってみる予定です。
食べ物の話はさておき、今週末に残念ながら今春閉館した吉祥寺バウスシアターさんに客席やスクリーン幕、扉などをいただきに伺うので、劇場設備についてお話しておこうと思います。

グリギャンも今は亡き横浜オスカーという劇場から座席やスクリーンなどを頂戴して再利用させていただきました。
こういった劇場設備品は新規で購入するととんでもない金額になるので、私のような経済的に恵まれない人間はどうしても中古品に頼らざるを得ません。
バウスシアターさんは3スクリーンあったので、比較的コンディションが良いシアター2の座席をいただくことにしました。
また、新規に誂えるとメチャ高額な出入り口の扉もいただくことにしました。
この扉、購入すると100万近くはするので、実は椅子以上にありがたいのです。
先日、取り外し作業だけは済ませたので、今月17日の金曜日にこれらを鈴木映画さんの2トントラックに搬入し、シネマ ノヴェチェントオープンの地横浜に移設します。
他に35ミリフィルムのリールやりバインダーなど、一昔前なら何十万もしたであろうものが、貰い手もなく打ち捨てられていたので、これらも遠慮なくいただくことにしました。
デジタル主流になったおかげで、これらフィルム関連備品が今では二束三文というか、粗大ごみ扱いになっているのが何とも哀しいですが、今後はウチで立派にお勤めいただこうと思っています。
話は逸れますが、もうすぐ全米公開されるクリストファー・ノーランの新作「インター・ステラ―」は35ミリと70ミリプリント焼いて、先行上映するそうです。
240館程度と言うから、完全デジタルシアターは割を食う形になりますが、それでもフィルムに拘るノーランの姿勢には本当に頭が下がります。
現像所存続に向けて今後もフィルム撮影、そして上映を標榜するノーランとJ・J・エイブラハムスの2人を生涯悪くいうことはないでしょうね。
それに比べて我が国日本は・・・。
愚痴っても仕方ないので、シネマ ノヴェチェントを始めるわけですが、日本でもフィルムから起こした35プリントで「インター・ステラ―」上映してくれませんかね。
それはさておき、バウスシアターさんも今月末にはついに解体工事が始まるようなのですが、館内を隅から隅まで拝見させていただきましたが、大手直営劇場以外の最期の「ロードショー劇場」だったんだなあと感慨に耽ってしまいました。
その劇場さんの遺伝子をいただいて、あらたに映画館を始められるのは本当にありがたく、光栄なことです。
因みに移設作業は金曜日午前9時から始めますが、人手があるにこしたことはないので、もし手伝ってもいいよなんて奇特な方いらっしゃいましたら是非お願いします。
交通費とお疲れ飲み会費くらいは持たせていただきますよ。

シネマ ノヴェチェント開店まであと118日!

JUGEMテーマ:映画
というわけで、本日より開店前日までカウントダウン日記を始めます。
本来なら12月末開店を目指していたんですが、年末はご協力いただいている各業者さんが多忙期ということなどもあり、ここは無理せず2月7日オープンということに決めました。
コンセプトは昨年末閉館したシネマバー ザ・グリソムギャングを踏襲していますが、グリギャンでは出来なかった夢をシネマ ノヴェチェントで果たそうと思っています。

グリギャンはシアターとバーが別個でしたが、今回はワンフロアで収めます。
これは今回の必須項目の一つでした。
場所探しについては色々あったのですが、具体的なお話はまた後日書くことにします。
グリギャンで果たせなかった夢に、バーをキチンと経営出来なかったことも挙げられます。
今回はその反省を踏まえて、自らマスターも勤める予定です。
もちろん、飲食メニューも充実させるつもりですが、その一つとしてどうしても加えたかったのが「コロッケ」でした。
私の両親は昔肉屋を営んでおり、コロッケを近所の小学校などに納品していました。
そのコロッケは我が家の食卓にも頻繁に登場していたのですが、そのコロッケの味がいまだに忘れられずにいました。
父親が手作りで大量生産していたので、ジャガイモの潰しが荒く、玉ねぎもみじん切りと呼ぶには大粒でしたが、それが至って独特な食感があり、何といっても今ではお目にかかれないような薄い衣がジャガイモ本来のおいしさを引き出していました。
小学生だった当時はおかずがコロッケだと大喜びし、一人で4つも5つも食べたものです。
肉屋を廃業してからはそのコロッケを口にすることもなくなってしまったのですが、あの何とも言えない幸せな味わいだけは40年経った今でもハッキリと記憶に焼き付いていました。
もちろん、今まで色々なところで、様々なコロッケを食べましたが、未だにウチで食べたあのコロッケを凌駕するモノに出会ったことはありません。
そこで今回思いついたのは、あのコロッケを再現するとともに、ノヴェチェントの看板メニューにしようと言うことでした。
本来なら作っていた父親に伝授してもらいたかったのですが、数年前に脳梗塞で患いついてしまったので、当時コロッケ作りをサポートしていた母親にレシピを教えてもらうことになりました。
この3連休で実地訓練開始です。
で、仕上がったのがこれ。

型を使わずに手でこねたので形は不格好でしたが、味はまごうことなく私が求めていたそれでした。
具だけでも食べられるように加熱調理済なので、衣に色合いがつくくらい軽く揚げるだけ。
なので、脂っぽさがなく、実にヘルシーな仕上がりです。
メークイン7個使って13個のコロッケを作ったのですが、一人で5個も食べてしまい、現在おなかいっぱいで身動きできない状態です。
本当は今日はシアター設備について書こうと思ったんですが、そんなワケで本日はノヴェチェント看板メニュー決定のお知らせとさせていただきます。
明日こそはシアター設備について書こうと思います。

オープンに向けてカウントダウン日記を始めます!

JUGEMテーマ:映画
2013年11月の「シネマバー ザ・グリソムギャング」閉館から早1年が経とうとしています。
本来なら入居していた箕輪ビル跡地で再出発予定でしたが、紆余曲折があり、横浜で新たなスタートを切ることになりました。
「ザ・グリソムギャング」では果たせなかった本格的バー経営、映画配給などの夢を今回は実現するため、店名も「シネマ ノヴェチェント」と変え、法人化しての再出発となります。
店舗スペースも前店の2倍近くとなり、本来なら億単位はかかるであろうところを、その十分の一程度の予算で形作らねばならないため、資金繰りなど現時点で難航している部分もあり、まだ公に出来ないことも多々ありますが、4か月後のオープンに向けての道のりを日々出来るだけ詳細に綴っていきたいと思います。
第1回となる明日はシアター設備について。
お楽しみに。

 

オープンに向けアルバイト募集!

JUGEMテーマ:映画
2015年2月オープンのアルバイトを募集いたします。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
http://cinema1900.yokohama/

Ciema Bar [ cinema1900(novecento) ]
横浜市西区中央2−1−8 岩崎ビル2F

管理人:箕輪克彦
 

cinema1900初投稿

JUGEMテーマ:映画
いよいよ始めます!

2015年2月オープンまでの道のりをYahoo!とJUGEMの両ブログで公開していきます。

よろしくお願いいたします。

Ciema Bar [ cinema1900(novecento) ]
横浜市西区中央2−1−8 岩崎ビル2F

管理人:箕輪克彦
<<back|<117118119120121122
pagetop