June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

シネマ ノヴェチェント開店まであと80日!

JUGEMテーマ:映画
上映は1日3本、各1回上映を原則とします。
平日は上映のみ、週末は上映+トークショーなどのイベント付き。
で、こけら落としはもちろんこれと

それからこれ。

そして続いての番組は







で、只今ゲスト交渉中。
 

シネマ ノヴェチェント開店まであと81日!

JUGEMテーマ:映画
昨日は「SAS<特殊部隊>人質奪還指令/ファイナル・オプション」のビジュアルデザインを担当していただく株式会社ビーモの中平一史社長と、HPデザインなどをお願いしている有限会社結工藝の堀池仁社長と新宿で呑みました。
同世代の映画ファン同士、映画記憶が共通するだけに話は尽きないのですが、今回のノヴェチェント立ち上げにはそういう方々のご支援、ご協力なくしては実現しなかったとあらためて感じ入った次第です。
昨日、一番盛り上がった話題は年末で閉館となる新宿ミラノ座(どう館名を変えようとも、我々にとってはミラノ座であり、新宿東急であり、名画座ミラノなのです)のファイナルプログラムについて。
世代によってミラノ座ならこれというシャシンは異なるでしょうが、我々世代にとってはやはり「タワーリングインフェルノ」、「ジョーズ」といったパニック映画のイメージが鮮烈です。

封切り2日目の日曜日に朝7時前から並んで観た「ジョーズ」の劇的な面白さの記憶は、新宿ミラノ座の映画館ならではの佇まいの思い出と共に死ぬまで消え去ることはないでしょう。
ノヴェチェントはミラノ座とは比べ物にならない、あまりにも小さな小屋ではありますが、ウチでご覧になった映画が、ノヴェチェントと共にお客さんの思い出に焼き付けられるようになりたいと思っています。
 

シネマ ノヴェチェント開店まであと82日!

JUGEMテーマ:映画

そろそろオープニングチラシをこさえなければならないので、番組も2ヶ月分は決める必要があります。 オープニングはかの映画に内定しましたが、後続番組はちょいと条件が折り合わないので先送りする可能性が出てきました。 高齢者が多い地域だけにオールディーズでお客さんを取り込み、地盤を固めるのがやはり無難でしょうね。

シネマ ノヴェチェント開店まであと83日!

JUGEMテーマ:映画
本日は株主Hさんと内装工事の慣らし作業2日目。
先週はベンチシートのバラしにてこづったHさんでしたが、要領を得たせいかサクサクと解体作業を進めます。

一方私はトイレ清掃を終え、バーカウンター内、厨房内の壁と床の清掃。

ベンチシートの解体をしていると床に硬貨がゴロゴロ落ちており、バーカウンターの床にもゴミに混ざってこれだけのお金が落ちていました。

前のお店はよほど客筋が良かったんでしょうね。
私もあやかりたいものです(笑)。

シネマ ノヴェチェント開店まであと84日!

JUGEMテーマ:映画
昨日は朝早く、帰宅も遅かったので本日は昼間の仕事が終わった後は、自宅でコロッケ試作をして、それを肴に一杯やって早々と休みたいと思います。
明日は朝早くから店舗の残留物除去作業、トイレ清掃作業を予定しているので、十分な睡眠をとって臨みたいと思います。
 

シネマ ノヴェチェント開店まであと85日!

JUGEMテーマ:映画
本日はHPデザインなどを担当して下さっている(有)結工藝の堀池さんと茨城の広告美術看板彩画の社長・大下武夫さんの工房を訪れました。
大下さんは映画館の絵看板職人で、全盛時は11館の映画館の絵看板をお一人で請け負っていたそうです。
絵看板を掲げる映画館が減少、ご自身も体調を崩されてからはセミリタイア状態らしいですが、平成20年にはコツコツ描き続けた作品を発表する個展を開催したり、現在も暇を見つけては創作に励んでおられます。
今回、大下さんを訪ねたのは、外看板のディスプレイに大下さんの作品を使用させていただきたかったからです。
趣旨を説明させていただくと、どうぞご自由にと快諾して下さったので、工房にある何十枚もの作品の中から33枚をピックアップし、ディスプレイ用の原版として1枚1枚撮影させていただきました。
ジョン・ウェイン、カーク・ダグラス、ジミー・スチュワート、キム・ノヴァク、イングリット・バーグマン、オードリー・ヘプバーンら往年のハリウッドスター、そして三船敏郎、高倉健、吉永小百合、勝新太郎ら邦画各社の看板スターたちの眩いばかりの輝きを見事に捉えた作品群に堀池さんと共に嘆息をこぼしながら作業に勤しみました。

5時間近くかかった作業に嫌な顔一つするどころか、お茶をだしておもてなし下さった大下さんの奥様、そしてそれぞれの作品の思い出などを大いに語って下さった大下さんにはひたすら感謝、感謝です。
ノヴェチェントの表情をこれらの名画がどう彩ってくれるのか楽しみでしょうがありません。

シネマ ノヴェチェント開店まであと86日!

JUGEMテーマ:映画
本日は蒔田で不動産屋と賃貸契約の再確認、その後関内で行政書士の先生と打ち合わせ、それから近所の興行組合の事務所に移転のご挨拶、そして保険の代理店に赴き火災保険の申込みをし、その時点で13時半を過ぎてしまいました。
15時までに藤棚の横浜銀行で会社の口座を開設せねばならなかったのですが、空腹に耐えかねて店の近くのネパールカレー店ラスミで遅いランチを取った後、滑り込みで銀行に。
手続きをつつがなく終えた後は店舗に戻って、女子トイレ掃除に精を出しました。

男子トイレほどヤニ汚れが酷くなかったのですが、個室が結構広いので便器本体と壁を拭くだけで汗だくになってしまいました。
明日は朝早くから茨城に行くので、ほどほどのところで作業をやめ、日曜日に持ちこすことにしました。
帰り際、比較的近所に在る業務店「肉のハナマサ」を視察してきたのですが、肉はともかく、冷凍食品系が「業務スーパー」よりも3割ほど高いので仕入れに使えるかちょっと熟考中です。
 

シネマ ノヴェチェント開店まであと87日!

JUGEMテーマ:映画
明日は不動産屋との細かい契約変更、加入すべき火災保険の会社探し、興行組合への出店挨拶、会社の銀行口座開設などの地味な仕事が多く、ついでに店の女子トイレ掃除もやってしまおうかと思っています。
藤棚商店街周辺には銭湯が多いので、そのあと一風呂浴びていくのもいいかなと。
まだ、戸部駅前の記念湯と商店街の中にある太平館しか足を運んだことがありませんが、特に太平館は昭和情緒が漂っていて気に入っています。

記念湯は風呂の温度が極端で(普通の風呂はかなり熱く、水風呂は凍えるほど水温が低い)、その点太平館は私が最も好む39度の湯加減というのも打点が高いです。
ノヴェチェントに来ることがあれば、ぜひ商店街を散策することをおススメします。
<<back|<120121122123124125126127128129>|next>>
pagetop