May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

やっぱりやります、お化け屋敷大会!

JUGEMテーマ:映画
2/7(日)15時〜開催予定だった「九転十起の男3」上映イベントですが、諸事情につき、中止となりました。
代わりに「お化け屋敷大会」と名うち、ゴシックホラーの名作を2本上映します。
タイムテーブルは
15時〜「ジョン・ハフ作品HDマスター版」(DVD)
16時35分〜休憩...
16時50分〜「イーストウッドの映画ちゃうよ。ヒカシューのテーマももちろんなし!」(BD)
18時40分〜終映予定
※終映後、参加者の懇親会あり(フード+ドリンク3杯付)
料金(当日券のみ):1500円 懇親会込み4500円

まあ、予告していたからわかる方にはわかりますよね。
こういうことでもないと土日のいい時間でこういうの観れませんので、ぜひどうぞ!

 
 

さあ、本日からリセット!

JUGEMテーマ:映画
「ファイナル・オプション」楽日興行も無事終了し、本日からは新たな気持ちでさらなる1年を迎えます。
GWまでの番線もほぼ確定し、2,3日中には時期スケジュールチラシの原稿入稿をする予定です。
5月から「恐るべき相互殺人」に代わる配給作品を入れられないのが残念至極ですが、遅くとも夏から秋にかけて1作品公開を目指します。
シネマノヴェチェントの新たな1年をよろしくお願いします!

ありがとう!「ファイナル・オプション」!

JUGEMテーマ:映画
以下は昨日のサポーターズ会員向けのブログに書いたものですが、パブリックな記録に留めておいてもいいと思ったので、公式ブログにも転載します。

開店以来共に歩んできた「ファイナル・オプション」がいよいよ明日で上映終了となります。
結果から言えば興行的には大惨敗ながら、落胆よりも上映できた喜びの方が遥かに大きい。
配給に手を出さなければそこそこ経営も楽になると思いますが、今年も最低1本、出来れば2本は手を出したいと思います。
ポスターデザインの中平さんの夢は、ウチで手掛けた作品のポスターでポスター展をやりたいとの事。
その夢は私に夢でもあります。
それを成し遂げるまでにはマンションくらい買える金を使いそうだけど、この1年やってきて多くの良き理解者と協力者を得ることが出来たので、たぶん達成できると思っています。
今日と明日は「ファイナル・オプション」、スタンダードとビスタ、それぞれのサイズで上映、その後ウチの神棚でもあるスクリーンの前で祭ってから、労をねぎらいながらバラしたいと思います。
ウチの杮落しに相応しい本当にいい映画でした。
お疲れ様、ありがとう!

 

和泉雅子さん&石森史郎さんトーク&サイン会付「私は泣かない」上映会は本日15時開演!

JUGEMテーマ:映画
あいにくのお天気となってしまったこの週末ですが、なんとか雪は回避出来そうです。
せっかく和泉雅子さんと石森史郎さんの2大ゲストがお越し下さるのですから足元は悪くならないで欲しいと願っていましたが、何とか叶えられそうです。

昨年、当館で上映した「非行少女」の後に製作された「私は泣かない」ですが、身障者の社会参加の難しさを和泉さん演じる不良少女の視点から描いた、ホームドラマとしても、社会派ドラマとしても秀逸な作品ながら、未だDVD化されていない不遇の名作です。
本日は本作誕生秘話をお二方にたっぷりとお伺いしますが、おしゃべり上手なお二人だけにまず間違いなく盛り上がることでしょう。
終演後にはお二方を囲んでおでん懇親会もございますので、この千載一遇の機会をお見逃しなきよう!
当日券も朝9時45分から発売します!!
 

「XXX KISS KISS KISS」毎週金曜日絶賛上映中!

昨年12月から毎週金曜日夜絶賛上映中の矢崎仁司監督作品「XXX KISS KISS KISS」ですが、本日も19時から上映です。

脚本を担当した女性シナリオライターグループ・チュープロの皆さん他、矢崎監督や草野康太さんら出演者の方々も、3回に2回くらいの割合で来館、舞台挨拶や上映後の飲み会に参加してくれます。
本日はあいにくの空模様なので、舞台挨拶はないかもしれませんが、じっくりとこのオムニバス映画史上に残る傑作を鑑賞いただけることと思います。
西の「人生スイッチ」、東の「XXX KISS KISS KISS」。
しかしながら、飽きのこなさでは「人生スイッチ」に勝っていますので、一度ならず、二度三度とお楽しみいただきたいと思います。
週末の夜に観るには最適な「XXX KISS KISS KISS」。
ぜひ、一度お試しあれ!

シネマノヴェチェントはもうすぐ開館一周年!

JUGEMテーマ:映画
2015年2月7日の開店から早1年が経とうとしています。
おかげさまで、山あり谷あり、いろいろありましたがご贔屓下さった皆様のおかげで1周年を迎えられます。
1周年記念は平日はフィルムノワール傑作選、週末は日の当たらない名匠・丸根賛太郎祭、そしてシネマノヴェチェントのドル箱ゴジラシリーズの白眉「怪獣大戦争」と、豪華ラインナップを用意させていただきました。
フィルムノワール傑作選は日本未公開作品も含むレアものがズラリ16本、各作品1回づつの上映となるので見逃せません。
丸根賛太郎祭は傑作「春秋一刀流」とほとんど上映機会のない「エンタツのちょび髭漫遊記」の2本立てというファン垂涎のプログラム。
「怪獣大戦争」は中野昭慶監督=沢井桂子さん=久保明さんというゴールデントリオの来館が実現、チケットは早くも売切れ間近となっています。
お得な前売チケットは窓口およびオンラインチケットセンターで絶賛発売中ですので、お早めにお買い求め下さい!!

「ファイナル・オプション」はいよいよ日曜で終映!!

JUGEMテーマ:映画
開店と共に歩んできた当館自社配給第1作「ファイナル・オプション」ですが、上映出来るのも残すところ後5日となりました。
本当は1年間毎日上映したかったんですが、流石に興行的には惨敗ゆえ、月に2週間上映するのがやっとこさでした。
しかしながら、1年間上映していると愛着がわくもので、本当にいい映画だなと今では心底思います。
千秋楽31日は35ミリプリントを提供くださったスティングレイの岩本克也社長と、本作を高く評価するガンエフェクター・納富貴久男さんのお二方をお招きして、「ファイナル・オプション」に別れを告げたいと思います。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

隠れた秀作「私は泣かない」はいよいよ今週末より!

JUGEMテーマ:映画
和泉雅子さん主演の未DVD化作品「私は泣かない」ですが、これはかなりの秀作です。

小児麻痺の男の子と心を通わす不良少女役を和泉雅子さんが好演、最も光り輝いていた10代後半の無垢な美しさもさることながら、難しい役どころを難なくこなす演技力にも括目させられます。
身障者の社会適応という社会派のテーマも盛り込んだ吉田憲二監督、渾身の力作です。
初日の1/30には上映後に和泉雅子さんをゲストにお迎えしたロングトークショーも開催。
サイン会、撮影会もございます。
昨年の「非行少女」上映会でも、そのユーモアとウィットに富んだ話術で、ファンを魅了した和泉さんの1年ぶりのシネマノヴェチェント来館、ご期待下さい!
予約は金曜AM10時まで絶賛受付中です。http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=1%2F30
 
<<back|<152153154155156157158159160161>|next>>
pagetop