April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

歳末ご予約者限定ポイント大サービス!

JUGEMテーマ:映画
日頃のご愛顧の感謝を込めて、本日12月15日〜30日の間に当館イベントをご予約、お振込頂いたお客様に限り、ポイントを5倍つけさせていただきます(ポイント反映はイベント当日になります)。
更に12月24日のクリスマス会、25日の忘年会をそれぞれご予約いただくとポイント7倍進呈!
ぜひご利用下さい!!

 

シネマノヴェチェント公式クリスマス会&忘年会は24,25日!

JUGEMテーマ:映画
シネマノヴェチェント元年となった2015年のクリスマス会、そして忘年会は12月24日と25日に開催します。
当日券も少しだけ出しますが、基本予約制となりますので、出来るだけ予約を入れてください。
http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=12%2F25

本日16時15分から中野組大忘年会!

JUGEMテーマ:映画
今年最後の中野監督イベントです。

「観たいけど観れないアレ」を観て、中野監督に今だから話せるあの話この話を伺います。
おかげさまでほぼ定員数に達しましたが、キャンセルなどあり、当日券もわずかですが出します。
中野監督を囲んでの大忘年会、ぜひ御参集下さい!

映画で北朝鮮問題を考える週間はいよいよ本日から!

JUGEMテーマ:映画
映画を通して南北朝鮮問題や拉致事件を再考する「映画で北朝鮮問題を考える週間」がいよいよ本日から始まります。
「金日成のパレード」「北朝鮮 素顔の人々」「DMZ 非武装地帯」「クロッシング」と見ごたえ十分の力作が揃いました。

本日15時からの「クロッシング」は上映後に、特定失踪者問題調査会の代表を務める荒木和博さんに拉致事件解決の糸口についてお話を伺う他、毎日新聞元ソウル特派員の下川正晴さんに南北問題を描いた韓国映画ベスト10をピックアップしていただくなど、盛りだくさんのトークショーを行います。
このブログをご覧の方のみ、当日3000円のところ2000円に特別優待させていただきます。
受付で「ブログ優待希望」とおっしゃっていただければ、最大3名様までお一人2000円のご優待価格でご鑑賞いただけますので、ぜひご利用下さい。
ご来場お待ちしております!

特撮イベント、絶賛予約承り中!

JUGEMテーマ:映画
毎月1度は特撮映画イベントを開催しているシネマノヴェチェントですが、2月の1周年記念「怪獣大戦争」に引き続き、3月の「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」の予約も開始しました。

ゲスト発表は来年になりますが、手塚昌明監督他豪華ゲスト陣が来館下さる予定です。
おそらく2日間とも札止めになる予感がしますので、ご予約はお早めにどうぞ!!
 

フィルムノワール傑作選、プログラム決定

JUGEMテーマ:映画
アダンソニアさんのご協力で2月に開催するフィルムノワール傑作選のプログラムが決まりました。
2月8日〜12日までの5日間、全16作品を各1回ずつ上映(「裏切りの街角」のみ2回上映)。
http://cinema1900.wix.com/home#!blank/br570
DVD上映ではありますが、ジョン・スタージェス、ロバート・ワイズ、リチャード・フライシャー、エドワード・ドミトリクら名匠・巨匠の作品がずらりと並び、まとめてご覧いただく方にはお得な割引セットもご用意しましたので、通う価値はありかと思います。
そのフィルムノワール傑作選の梅雨払いに、1月2日、3日の新年会でフレンチノワールの秀作を35フィルムで上映予定ですが、開催査定人数が設定されているので、年末までに定数のご予約を頂かなかった場合は中止となります。
その場合は、久しぶりに35ミリ映写技師体験講座を開催しようと思っています。
現在はメイン映写技師も担当している私が、90分ほど時間をかけてじっくりと講習をさせていただこうかと思っています。
開催する場合、完全予約制になりますので、12月25日から予約を開始する予定です。

1~2月スケジュールチラシ出来ました

JUGEMテーマ:映画

既に横浜のミニシアターには配布済、今週中には都内ミニシアターのチラシラックにも登場すると思います。
見かけたらぜひ手に取ってみてください。

映画で北朝鮮問題を考える週間はいよいよ今週末から!

JUGEMテーマ:映画
たまには硬派な企画をということで、北朝鮮がらみの力作映画を4本並べた「映画で北朝鮮問題を考える週間」。
個人的にはスクリーンでの上映が稀有な「DMZ 非武装地帯」が何といってもおススメです。

監督の体験に基づいているだけに、戦闘描写の臨場感はなかなかのもの。
北側兵士の視点も忘れていないので、ドラマにも厚みがあります。
この機会に、フィルムでぜひご覧いただきたい一本です。
初日の12日には「クロッシング」上映後に特定失踪者問題調査会代表の荒木和博さんに拉致問題の実情をお話ししていただく他、毎日新聞元ソウル特派員で、韓国映画に通じている下川正晴さんに、南北朝鮮問題を描いたおススメ映画の解説をいただくなど、盛りだくさんの内容になっております。

映画を通じて世界情勢を考える、実益性の高い12/12「クロッシング」上映会、ぜひご参加下さい!
<<back|<155156157158159160161162163164>|next>>
pagetop