July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

大森一樹監督、1/28もご来館!

JUGEMテーマ:映画

本日、明日ともにソールドアウトの大森一樹監督特集イベント上映回ですが、千秋楽1/28の「ゴジラVSキングギドラ」上映会にも大森監督がお越し下さるそうです!

しかも、同日上映の「悲しき天使」の撮影監督である林淳一郎さんも来館されるそうなので、これはもう来るしかないだろと。

 

林撮影監督は「リング」シリーズなどの日本を代表する名キャメラマンですが、「悲しき天使」も湯煙くすぶる九州ロケが素晴しいお仕事を成されております。

35ミリフィルムでご覧いただける貴重な機会、ぜひお見逃しなく!

大森一樹監督特集、1/21&22のイベント上映回は満員札止めです

JUGEMテーマ:映画

明日から開催の大森一樹監督特集ですが、両日15時からの「シュート!」「ゴジラVSキングギドラ」共に前売完売しましたので、当日券は販売しません。

何卒ご了承下さい。

明日の「シュート!」のみ、どんな席でもいいから!という方がいらっしゃれば1席くらいは補助席作れるかもしれません。

スクリーン脇の観辛いポジションになりますが、それでもいいという方がいらっしゃればお電話でお問合せ下さい。

 

酒は呑んでも呑まれるな

JUGEMテーマ:映画

来月上映予定のロバート・シオドマク諸作を連夜鑑賞中なのだが、あまりにも面白いので久しぶりに気分がよくなり、昨夜は勢い痛飲してしまった。

で、翌朝気が付くとアマゾンでDVDとBDの購入履歴がゾロゾロと。

どうやら酔った勢いで買ってしまったようだ。

BDモノは日本語吹替え版が収録されている場合が多いのでDVDとダブり買いせざるを得ないのが悔しい。

それでも「冒険者たち」のリノ・ヴァンチュラが森山周一郎でないヴァージョンだったり、更に悔しい思いをしている最中。

DVDやBDは一部を除いて基本日本語吹替えが入っているかどうか(新緑はいらんけど)で判断しており、「パニック・イン・スタジアム」とか「原子力潜水艦浮上せず」とかは映画としてはあまり面白くないのだが、ヘストン=納谷悟郎版が収録されていて、なおかつ800円そこそこなら買うしかあるまい。

しかしながら、今月はもうアマゾンにアクセスするのはやめておこうっと。

あ、22日の「ゴジラVSキングギドラ」、キャンセル出たので補助席が2席、本日午前10時までオンラインチケットセンターで発売してますよ。

 

「カントリー・サンデー/恐怖の日曜日」は6月公開にずれこむかも・・・

JUGEMテーマ:映画

35ミリのフィルム現像をどこの現像所で行うかで協議中の「カントリー・サンデー/恐怖の日曜日」ですが、ようやく着地点が見えてきました。

TV放映の時は左右切られた4:3でしたので、オリジナル版がまさに初お目見えということになります。

撮影が「赤毛のアン」のマーク・チャンピオンなので、同じカナダの美しいロケーションがフィルムに収められていることが期待できます。

現在、サポーターズを絶賛募集中ですが、近々クラウドファンディングも行い、幅広く有志を募ります。

公開時期が1か月ずれるかもしれませんが、引き続きご協力の程よろしくお願いします!

http://cinema1900.wixsite.com/home/blank-4

大森一樹監督特集、いよいよ今週末より!!

JUGEMテーマ:映画

日本を代表するエンターテインメント監督・大森一樹監督の代表作5本を上映する「大森一樹監督特集」がいよいよ今週末から開催されます。

初日の21日(土)15時からの「シュート!」は上映後に大森監督と撮影監督・高間賢治さんによるロングトークショーがあります。

先ごろ解散したSMAPが若き日に主演したこの代表作の撮影裏についてたっぷりとお話をお伺いしますが、お客様からの質問タイムもいつも以上に取りますのでお楽しみに!

また、終演後、お二人を囲んでの懇親会は現時点で参加者が少ないので、逆に言えば大森監督や高間撮影監督とじっくりお話しできる絶好のチャンス!

まだ、残席ございますので、ぜひお得なオンラインチケットセンターでご購入下さい。

http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=1%2F21

また、翌22日(日)15時からの「ゴジラVSキングギドラ」は一旦ソールドアウトしましたが、若干キャンセルが入ったので、追加券発売中です。

売り切れ御免ですので、こちらもお買い求めはお早めにどうぞ!

http://cinema1900.shop-pro.jp/?pid=109425322

いずれも1/20(金)午前10時までの販売となります。

21日の「シュート!」は若干当日券も出る予定ですが、売り切れる可能性もございますので、必ずお電話などでご確認の上ご来場下さい!!

欧州映画祭、本日はマフィアモノ特集!

JUGEMテーマ:映画

本日はマフィアの発祥地イタリア発の裏社会映画が3本並びます。

まず、メルヴィルの傑作「サムライ」にオマージュを捧げたという「狼は暗闇の天使」。

凄腕のヒットマンが、道義に反する指令を受け、それに反して盲目の女性を守り抜く第66回カンヌ国際映画祭批評家週間部門グランプリ、ヴィジョナリー賞受賞のマカロニノワールの傑作。

2本目は犯罪組織「ンドランゲタ」が拠点とする南イタリアのカラブリア州で生まれた3兄弟の過酷な運命を、圧倒的な迫力で描いた「黒の魂」。

衝撃のラストは予測不可能と言っても過言ではありません。

最後はマフィアのお膝元シシリアを舞台に、ギャングの抗争史を一人の少年の成長記とだぶらせて描いた異色のマフィア映画「マフィアは夏にしか殺らない」。

実録作品でありながら、青春コメディタッチのまさに異色作。

「ゴッドファーザー」とは一味も二味も違った21世紀のマフィア映画3作品、この機会にぜひご覧ください!

 

欧州映画祭は本日開催!

JUGEMテーマ:映画

未公開作を中心に、ヨーロッパの隠れた佳作・秀作を日替わりで14本ご紹介する「欧州映画祭」がいよいよ本日から開催されます。

初日のメニューは名作「善き人のためのソナタ」でその存在がスポットライトを浴びた東ドイツの諜報機関・シュタージが仕掛けた恐るべきスパイ戦略の全貌を描く「誰でもない女」(2012・ドイツ=ノルウェー)。

ヒロインの母親役でイングマール・ベルイマンのミューズ・リヴ・ウルマンが出演しています。

イタリア製「異人たちとの夏」とでもいうような異色のゴーストコメディは「偉人たちの棲む館」(2012・イタリア)。

モスクワ映画祭やイタリア・ゴールデングローブ賞など受賞歴も華やかな一本です。

オランダからは戦中の実話「ナチスの犬」(2012・オランダ)。

ユダヤ系ドイツ人バルター・ズスキントが、同胞の命を救うためにナチス将校に取り入る姿を描いたドラマで、「ヒトラーの贋札」でユダヤの偽札つくりの名人を演じたカール・マルコビクスがSS将校のジレンマを見事に演じていて秀逸です。

見応えタップリの3作品、まとめて観ると3000円になる割引もございますので、この機会をお見逃しなく!!

 

ガチバーン映画祭出張企画、白眉は本日!

JUGEMテーマ:映画

「ゾンビ」と「ラビッド」の最強2本立てに加え、「ゾンビ」映写実践講座もついたガチバーン映画祭出張企画ファイナルはいよいよ本日15時から!!

当日券ありまっせ!!

<<back|<157158159160161162163164165166>|next>>
pagetop