August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

フリッツ・ラング特集

JUGEMテーマ:映画
ロングラン上映作品が多いせいもあって、プログラムに閉塞感があるのは否めないところです。
というわけで、5月からは午前中からの上映を増やし、また夜の回も深めの時間に設定してみました。
メインプログラムが邦画なので、洋画番線としてフリッツ・ラング特集を組み込んでみました。

上映作品は「M」、「死刑執行人もまた死す」、「ビッグ・ヒート 復讐は俺にまかせろ」の3本です。
お客様の反応如何で今後もこのような特集上映を継続するかもしれませんので、よろしくお願いします!
http://cinema1900.wix.com/home

日経新聞で紹介されました

JUGEMテーマ:映画
ありがたいことに、ここのところ取材が多く、どのタイミングでどのように紹介されるか無頓着でしたが、本日の夕刊に掲載されたとご近所の布団屋さんがわざわざ紙面を持ってきてくれました。

ついでながら日曜の「サイド・バイ・サイド」上映会を取材して下さったタイムアウト東京さんにもこのように。
http://www.timeout.jp/ja/tokyo/venue/25068
本日は産経WEB新聞の取材もあり、メディアの露出度が多くなるのは大変ありがたいことですが、地場での認知度にイマイチ繋がらないのがジレンマです。
しかしながら、地元の常連さんも少しづつではありますが着実に増えている実感はあり、今日も飛び込みでの35ミリフィルム映写技師講習がありましたが、非常に喜んでいただけました。
さて、今週はメイン映写技師のK嬢が長期の休みに入るので、この1週間ほどは私とフロアマネージャーの2人でノヴェチェント回すことになります。
ソフトが入手しづらい「帝銀事件」は本日も盛況でしたが、映画上映中はもちろん、それ以外の時間帯も常におりますので、映画談議に花を咲かせたい方はぜひ遊びにお越しください。
ご来店心よりお待ち申し上げております。


 

アルバイト、あるいは準社員若干1名募集

JUGEMテーマ:映画
公式の募集じゃありませんが。

・女性
・30歳まで
・主に接客(映写・厨房も兼)
・夜勤・週末勤務必須

やりたい!なんて酔狂な方は履歴書もって遊びに来て下さい。



 

セシウムと少女

JUGEMテーマ:映画
日曜日にゲスト来場された加藤雄大撮影監督の新作「セシウムと少女」が4月下旬より公開されます。
この作品はラピュタ阿佐ヶ谷のオーナーである才谷氏が初監督を務めた記念すべき作品で、同所の試写室を劇場にして封切られることになりました。

本作の3月有効の試写状を加藤雄大撮影監督のご厚意で何枚かいただきました。
私も時間を作って見に行きたいと思っていますが、ご希望の方には当館でも先着順で差し上げたいと思います。
ただし、映画鑑賞、あるいは飲食ご利用の方に限らせていただきますので、会計時に「試写状頂戴」とおっしゃってください。
早い者勝ちにつき、無くなっちゃったらゴメンナサイ。

頂き物

JUGEMテーマ:映画
昨日は、「帝銀事件 死刑囚」に出演した柳川慶子さんからお菓子の差し入れと、先々週お越しいただいた和泉雅子さんからCDをお送りいただきました。

1日のうちに2人の大女優さんからいただき物をするなんてそう滅多にあるものではありません。
さらにスティングレイの岩本社長からは「ファイナル・オプション」のBDをいただいてしまいました。

というわけで、本日の「ファイナル・オプション」は13時から上映です。
4月、5月は休映日が増えるのと、現行のスタンダードサイズでの上映は7月いっぱいまでとなりますので、まだやるからいいやと思っている方はお早めにご覧いただくことをお勧めします。
 

シネマ塾、プレイベントが3月25日に行われます!

JUGEMテーマ:映画
株主でもあり、弊社配給作品「インターネサイン・プロジェクト/恐るべき相互殺人」の字幕翻訳も手がけてくださる北村孝志氏主宰の「シネマ塾」が4月22日から開講されますが、それに先駆けてのプレイベントが3月25日(水)午後7時から行われることになりました。
http://cinema1900.wix.com/home#!blank/ceho
プレイベントはシネマ塾体験講座として会員登録無料、参加料無料で、かってシネマバー ザ・グリソムギャングで開催し、好評だった某ヒットアクションシリーズのオープニング集をシアタープロジェクターでお楽しみいただきます。
上映終了後はバースペースで参加者の親睦を深める懇談会がありますが、こちらは実費がかかりますので、参加は任意となります。
しかし、半世紀以上続くシリーズの歴史と変遷についてあーでもないこーでもないと語り合う楽しみは何ものにも代えがたいものがあります。
特に時間が決まっているわけではありませんので、参加者の都合で中座されるもよし、閉店まで管をまくもよし、お好きに過ごしていただければと思います。
塾とは謳っていますが、堅苦しいものではなく、映画好きの出会いと語らいの場ととらえていただければ幸いです。
特に予約など必要ではありませんので、当日フラリと遊びに来ていただいても結構です。
ぜひ、ご参加下さい!

 

熊井啓監督傑作選はいよいよ明日から!

JUGEMテーマ:映画
本日は5月公開「インターネサイン・プロジェクト/恐るべき相互殺人」のフィルムが届いたので、さわりを試写してみました。

ちょっと焼きが暗い感じがするので、封切りまでどう調整をつけるか仲買会社と協議予定。
いずれにしても早いところ通しで観てみたいものです。
それとは別に今日は映画配給会社アダンソニアの代表や、「インターネサイン〜」を共同配給するひかり社の方などもお見えになり、楽しい映画談議をさせていただきました。
アダンソニアさんにはハリウッドクラシック作品がまだあるので、近々上映させていただこうかなと思っています。
そして、明日からはいよいよ熊井啓監督作品が4週に渡って上映されます。
http://cinema1900.wix.com/home#!ip-kumaikei/cr79
初日の3月14日は10時からデビュー作「帝銀事件 死刑囚」が上映されますが、上映後、お昼休憩をいただいた後、平沢の娘・俊子を演じた柳川慶子さんをゲストにお迎えしてロングトークショーを開催します。
柳川さんの父・武夫氏が本作の企画者であり、東宝退社後最初の出演作となったゆかり深い本作についていろいろお話を伺うほか、東宝時代の思い出なども語っていただく予定です。
終演後には、柳川さんを囲んでの懇親会もございますので、奮ってのご参加をお待ちしております!
また、夜の部は絶賛上映中の「ファイナル・オプション」、その日本初上映のきっかけを作った株式会社スティングレイ代表の岩本克也氏をお迎えして、本作の魅力について語っていただきます。
こちらもお楽しみに!!

35ミリ映写技師体験講座、開講しました。

JUGEMテーマ:映画
営業時間外の時間を使って始めた35ミリ映写技師講座ですが、早速第1号のお客様が昨日受講されました。
さるシネコンで映写を担当されていたとのことで、フィルム映写に人並み以上に愛着がおありのご様子なので、予定時間をオーバーしてミッチリとレクチャーさせていただきました。
思った以上に感激されていたので、こちらとしてもやって良かったなとシミジミ。
35ミリフィルムへの思いが強い方々がこうしていらっしゃることが直にわかっただけでも、千人の味方を得たような心強さを感じることが出来ました。
4月10日までの平日でしたら毎日受付しておりますので、ご興味おありの方はぜひお申込み下さい。
お一人から受け付けております。http://cinema1900.wix.com/home#!about2/c1apg
昨日は他に株主に名乗り出てくださる奇特な方がいらっしゃったり、マスメディアの取材申し込みを複数受けたりとうれしいことの多い1日でした。
今日は株主Kさんと弊社配給第2作目「インターネサイン・プロジェクト/恐るべき相互殺人」の字幕制作打ち合わせです。


 
<<back|<158159160161162163164165166167>|next>>
pagetop