May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

富山映画祭、開催迫る!

JUGEMテーマ:映画
富山県で製作された5本の作品を8日間に渡って上映する富山映画祭がいよいよ今週末から開催されます。
一口に富山県と言っても、高岡、魚津、水橋、氷見と舞台になる町は様々。
5本観れば、きっと富山をぐるりと旅した気分を満喫できることでしょう。
個人的におススメなのは先週末、お膝元富山シアターで公開されたばかりの新作「魚津のパン屋さん」。

東京で挫折して、故郷魚津に帰った女性が、一念発起してパン屋開業にチャレンジする元気の出るガールズムービー。
主演の高田亜矢子さん、ぶらっくすわんさん、竹内晶子さんら女優陣の魅力もさることながら、ヒロインの祖父役・悪役商会の大ベテラン八名信夫さんのユーモアたっぷりの好演が楽しい一編。
10月31日の上映後には、その八名さんもお越しになるトークショーがありますので、お見逃しなきよう。
そしてTVバラエティのディレクター&プロデューサーの大御所・角田陽一郎さんが映画監督デビューを果たした「げんげ」も魚津を舞台にしたヒューマンコメディ。

よしもとの人気芸人塚地武雅、川島明が主演、山田優、黒部進、菅田俊らお馴染みの芸達者たちが脇を固める豪華キャストは見ものです。
10月25日の上映後には、角田陽一郎監督をお招きしての爆笑トークショーも行います。
映画共々ご期待のほどを。
もう一本のおススメは、市川徹監督=渡辺裕之=竹内晶子の名トリオ、記念すべき第一作「万年筆」。

寒ブリで有名な港町・氷見の美しいロケーションをバックに、訳あり中年男女の出会いと別れを、情緒たっぷりに描いた佳作です。
こちらは初日10月24日上映後に、市川徹監督、渡辺裕之、竹内晶子のお三方をお迎えしての豪華トークショーを開催。
同作のロケ地マップの配布もございますので、監督や出演者の皆さんにサインを入れていただくのも一興です。
他に、このトリオによる本格野球映画「がんばれ!サンダーバーズ!!」、水橋市民総出演の群像劇「彩火ーはなびー」も上映されますので、併せてお楽しみ下さい。
トークイベント付上映回のチケットは、23日(金)AM10時までオンラインで販売中!
http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%CB%FC%C7%AF%C9%AE
http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%B5%FB%C4%C5http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%A4%B2%A4%F3%A4%B2

劇場窓口では開催前日まで発売しています。
ぜひお買い求め下さい!!
 

忘年会、やります

JUGEMテーマ:映画
12/13に忘年会やることになりました。
もちろんただの忘年会ではござんせん。
http://cinema1900.wix.com/home#!12-13---------/ocrm3
年越しイベントもやろうかと思いましたが、参加者がいるかどうか疑わしいのでペンディングということで。
やるのであれば先延ばしになっていたスーパー予告編大会やりたいと思っていますが、最低参加者数設定して、予約数がそれを満たしたらやる方向で考えたいと思います。

 

くじら好きのパラダイス!

JUGEMテーマ:映画

刺身とはりはり鍋兼用赤身だけでもこの量!(これで2人前です!!)
それにベーコン、唐揚げ、かつ、はつ刺身までつけてくれた濱のくじら屋さんはどこまで太っ腹なんだ(泣)。
濱のくじら屋「プロの客」秋本さんの絶妙トークもいい肴になって、とにかく質・量ともに大満足の宴でした。
アタシ自身、こんなにくじらを食べたのは生まれて初めて。
昨日来られた方は本当にラッキーだったと思います。
今度は「ビハインド・ザ・コーブ」を上映して、くじら宴会やろうと思います。
お楽しみに!!

シンパシーを覚える映画館・御成座

JUGEMテーマ:映画
昨日、「ファイナル・オプション」をご覧いただいたお客様が秋田の名画座・御成座のサポーターズの方で、チラシを交換したり、情報交換したり、有意義な交流をさせていただきました。
半世紀以上の歴史を持つ映画館・御成座ですが、時代の流れに呑まれていったん閉館したものの、有志によってフィルム名画座として再オープン。
新橋文化で務めていた経歴を持つ支配人の組む映画マインドを感じるプログラム、自ら手掛ける絵看板など、足を運んだことのないアタシでも映画愛に満ち溢れた小屋であることはわかります。
週末に絞った映画上映は番組によって入り不入りがあるそうですが、支えてくれる方はウチと同じで県外の方など遠方からの方が多いそうです。
それでも、映画上映だけでお客さんを呼べているのですから、ウチの遥か先を行っています。
先週も映画上映のみの平日はズタズタでしたが、御成座さんを目標に映画上映のみでも採算合うように頑張りたいと思います。
 

下町の美味しいお店屋さん∂世里じら屋「オーシャンズ」はいよいよ明日開催!

JUGEMテーマ:映画

ちょっとピンボケですみませんが、とにかく、こういう竜田揚げ、赤身の刺身、そしてはりはり鍋が思う存分楽しめるようです。
しかも、くじらのことなら何でも来いの秋本真彦さんが鍋奉行もして下さるらしいので、はりはり鍋初体験の方も安心してお楽しみいただけます。
当日参加も5,6名までなら対応可とのことなので、今からでも参加希望の方は電話受付もしますのでぜひお申し込み下さい(本日までにお申し込みなら前売料金!)。
おいらも仕事忘れて参加します。
 

ようやくチラシ原稿入稿しました

JUGEMテーマ:映画
とにかく毎日やること多すぎて忙しいのですが、10月に入って売り上げの方は最低だった6月を下回りそうな勢いです。
芸術の秋、食欲の秋とはよく言いますが、ウチには当てはまらないようです。
特に平日は閉めておいた方が経費削減になるんじゃないかと思うくらいですが、映画館は毎日営業のイメージが刷り込まれている当方としてはそうもいかず。
週末イベントが貴重な財源となっているとは言え、今週末のシネマバトルロイヤル、下町の美味しいお店屋さんシリーズ、共に経費倒れに終わりそうな雲行きなので、今回、あるいは次回で最終回となる予定です。
そんなネガティブ要素を吹き飛ばしてくれそうなのが、今月末開催の富山映画祭。
現在、試写中ですが、映画ファンからはそっぽを向かれるにしても、一般の方々や富山県好きの方への訴求力はかなりありと見ました。
今回上映作品の5本中4本のメガホンを取った市川徹監督の作品は12月、2月にも特集上映予定です。
日本のロジャー・コ−マン、市川徹監督の実績を世に問ういい機会が訪れたと思いますので、ぜひ御覧ください!

矢崎仁司監督最新作「✖✖✖ KISS KISS KISS」上映会は11/7より!

JUGEMテーマ:映画
日本のインディーズシーンを牽引してきた寡作の天才監督・矢崎仁司。
その矢崎監督に惚れ込んだ新進気鋭の女性シナリオライター5人が集結、「KISS」をテーマに矢崎監督にメガホンを取ってもらった自主オムニバス映画が「✖✖✖ KISS KISS KISS」です。

新宿K'sシネマでの先行上映では大ヒットを記録、それを受けてシネマノヴェチェントで11/7〜13まで1週間特別上映されます。
シナリオライターが集結したチュープロが自ら宣伝・配給も担当、日本映画の新しいプレゼンの形を体現してくれました。
初日の11/7にはそのチュープロメンバーが矢崎監督と本作について忌憚ないトークを交わすスペシャルイベントもございますので、なにとぞお見逃しなきよう!http://cinema1900.wix.com/home#!11713-/c1u75

 

シネマバトルロイヤルはいよいよ後2回!

JUGEMテーマ:映画
映画版ビブリオバトルとして、ハイクオリティなバトルを展開してきた「シネマバトルロイヤル」ですが、今週末土曜日「ベスト・オブ・ジャッキー・チェン編」、11月1日の「ゾンビ映画編」で一区切りとなります。
来年以降、再開するかどうかはこの残り2回の反響次第ですので、ご支援の程お願いします。
17日のバトル前にはジャッキー・チェン主演の時代劇アクション「ラスト・ソルジャー」を、

11月1日のバトル前にはゾンビ映画の始祖ジョージ・A・ロメロの「サバイバル・オブ・ザ・デッド」を

それぞれ35ミリフィルム上映しますので、参加前にご覧いただき、気合を入れてから臨んでいただくのがベストだと思います。
優勝者は、その場で貸切り上映権利が与えられますので、ソフトを持参の上チャレンジして下さい!
受付は、電話・メール・劇場窓口、いずれでも結構です。
多くの方のご参加をお待ちしております!!
 
<<back|<165166167168169170171172173174>|next>>
pagetop