October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

嵐を呼ぶ男!

JUGEMテーマ:映画

地場の方々の嗜好を探るためにチャンバラか裕次郎か迷いましたが、さわらぬ東映に祟りなしということで裕ちゃんを選びました。
横浜が舞台の俺は待ってるぜや夜霧のブルースというチョイスがセオリーなんでしょうが、グリギャン時代にお世話になった井上梅次監督の代表作である本作を一発目に持ってくるのが筋かと。
もっとも一発目と言っても動員が奮わなければ第2弾はありませんけどね。
私の理想は旧大井武蔵野館での恐怖奇形人間のような、お客さんが育ててくれる作品を排出することです。
ぶっちゃけ、1週間で150人動員出来たら、なんでもやりますよ(笑)。
それはさておき、旧大井武蔵野館といえば、その名物支配人だった小野善太郎さんが来る26日に還暦を迎えられます。
そのささやかなお祝いをノヴェチェントで行いますので、大井ファンの方は26日の夜にお越し下さい。
シャンパンを振舞わせていただきます。
 

ホームページ(微)更新の巻

JUGEMテーマ:映画
アルバイトのりさだです。

今日わたしは、上映業務の合間にシネマノヴェチェントのホームページを編集しました!
どこが変わったかお気づきでしょうか?
メニューの欄に、一般上映作品ラインナップ、シネマ塾、あとハイブリット副音声付上映のリンクを加えて見やすくなりました!

そう、みなさまシネマ塾と副音声付上映はご存知ですか?
ご存じない方はぜひホームページでチェックしてください!
副音声付上映は見たことある作品であっても、
檀さんの解説がめちゃくちゃ面白いそうなので、わたしも期待してます〜。わくわく。

パソコンは好きですね。現代っ子なので。えへ。
楽しく作業いたしました。
またパソコン業務あればいいなあなんて思ってます。ね、みのわさん。

さて。あと、本日はコーヒーサーバーが届きました!
きれいなお姉さんがいらしたので何事かと思ったらメーカーの方でした。
これで美味しいコーヒーがいつでも飲めます!わーい。

どんどん良くなっていきますシネマノヴェチェントに、ぜひいらしてくださいね〜。

浜田光夫さんがゲストにいらっしゃいました!

JUGEMテーマ:映画
はじめまして。
シネマノヴェチェント、アルバイトのノリサダです。
本日のブログの更新を任されました。よろしくお願いします。


さて、本日は『キューポラのある街』の上映後、
同作ご出演の浜田光夫さんをゲストに招いて、
トークショー&懇親会を行いました!
 
私は厨房で懇親会のお料理を準備するのに勤しんでいたので、
残念ながらトークを聞くことはできなかったのですが、、

お客様に聞いたところ、浜田さんが箕輪さんの質問攻めにあっていたとのこと!(笑)
そりゃ浜田さんですもんね!聞きたいことなんか山ほどありますとも!
なかなか盛り上がったのではないかな〜と思います^^

その後の懇親会もみなさまご歓談のご様子で、お食事を出しながら
良い会になってよかった、とほっとしました〜。


安心して(?)カニさんウインナーを焼いたので
写真をアップしようと思ったのですが、、それはまた今度〜〜。

シネマノヴェチェントでは冷凍食品に頼らず、頑張って調理してます!ので、
ぜひ映画のついでに&居酒屋としてだけでも!食べに来てくださいね♪


則定彩香でした。

藤棚新聞に掲載されました

JUGEMテーマ:映画

昨日発行された地元密着のミニコミ誌「藤棚新聞」最新号に取り上げられました。
こちらの編集長は内装工事中の時から気にかけてくださり、開店後も色々ご協力を賜っております。
やはり地域の皆様に愛されないと存続できませんので、こういうメディアが後ろ盾下さるのは実に心強い限りです。
昨日は他に、映画24区の方と5月からひと月半かけて行う特集上映の打合せと、某ミュージシャンの方のミュージッククリップ撮影の打合せも行いました。
特集上映についてはまた後日ご報告するとして、ミュージッククリップ撮影については他劇場さんにことごとくお断りされ、最後にウチに行き着いたそうです。
もちろんウチとしてはお断りする理由もないので撮影に協力させていただくことにしました。
貸切り上映やイベント、またはこのような撮影についても柔軟に対応させていただきますので、ご希望の方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。
さて、本日はいよいよ浦山桐郎監督傑作選の初日です。
浜田光夫さんトークショー回の当日席も若干ございますので、お時間ある方はぜひお越し下さい!!

浦山桐郎監督傑作選はいよいよ明日から!

JUGEMテーマ:映画
地域性を考えると、明日からが勝負です。
旧グリソムファンはこの2週間にお越しいただいた感があるので、ここからは地場を固めていく作業と言えるでしょう。
第一弾は15年前に「しんゆりに市民映画館を作る会」でも上映した「キューポラのある街」。
実はこの時も浜田光夫さんにゲストオファーしたのですが、諸事情で実現なりませんでした。
その雪辱をこの横浜で果たせるとは思ってもいませんでした。
15年ぶりにスクリーンで再会したキューポラはやはり名作でした。
特にサンちゃんら少年たちのエピソードが素晴しい。
イメージ 1
映画全盛時の活力がみなぎるこの作品が、今の観客にどう映るか実に楽しみです。
残席ありますので、日活黄金期を駆け抜けた浜田光夫さんのお話をぜひこの機会に!!
JUGEMテーマ:映画

まかない飯を作っています

JUGEMテーマ:映画
こんにちは、西崎です。
またまたブログを書いています。



最近の体験について
ノヴェチェントまで電車で通っているのですが、
帰りの座席の争奪戦がいつも激しくて面白いです。
東神奈川駅から始発の横浜線に乗り換える際、
ドアが開くと同時に全速力で階段を上り下りしています。
運動会の徒競走を思わせます。



悪天候が2日間と続きましたが、本日はお天気に恵まれました。
店内のポスターも洋画から邦画にガラッと変わりました。
なんでも、ご近所の税理士さんが浜田光夫さんファンで、
ありがたいことにわざわざポスターを持ってきて下さいました。
そんな「キューポラのある街」は21日から1週間の上映です。


今日も走ります。
 

どうも初めまして、シネマノヴェチェントの西崎です

JUGEMテーマ:映画

どうも初めまして、シネマノヴェチェントの西崎です。
何度か間接的に登場していましたが、
これからちょくちょくブログを書くことになります。
よろしくお願いします。

とは言いましても、ブログなんて今まで書いたこともなく、
何を書けば良いのやら、なのですが。

最近の体験について。
先日、箕輪さんの勧めで藤棚商店街にある銭湯に行って来ました。
幼少の頃、親に連れられて行った記憶が薄らと残っていますが、
どちらかといえば種類豊富なスパ銭に行っていたような気がします。
黄色いケロリンの風呂桶を見て懐かしいと思えました。
コーヒー牛乳も飲みました。腰に手は当てませんでしたが。

ちょっと強引ですが、
銭湯と1スクリーンの映画館はどこか似ています。
スパ銭とシネコンも似ていますね。

また行きたいと思います。

 

WEBニュースに掲載されました

JUGEMテーマ:映画
まずはヨコハマ経済新聞。
http://www.hamakei.com/headline/9324/
それから、アップリンクwebDICE。
http://www.webdice.jp/topics/detail/4602/
ヨコハマ経済新聞には15日に行われた「共犯者」上映会のフォトなども掲載されています。
アップリンクwebDICEは今週末から行われる「サイド・バイ・サイド」上映会についてなど。
キアヌも来日中らしいので、ゲストに来てほしいくらいだけどなあ。
それはさておき、若い人たちの映画離れが懸念される昨今、今週末の上映会に学生諸子をご招待したいと思います。
また、西区在住のシニアの方々(65歳以上)もご招待したいと思います。
それぞれ2人1組3組を抽選でご招待します。
ご希望の方はメールにてお申込み下さい。

2月21日(土)15時〜「キューポラのある街」ゲスト 浜田光夫さん
2月22日(日)16時〜「サイド・バイ・サイド」」ゲスト 藤沢順一撮影監督、栢野直樹撮影監督

メール表題に「招待希望」とし、招待希望日(2日間も可)、お名前、年齢、在学学校名あるいはお住いの住所を町名まで記したうえ、info@cinema1900.yokohama までご応募ください。
「キューポラのある街」は20日午前10時締切、「サイド・バイ・サイド」は21日午前10時締切です。
当選者はそれぞれ締切の2時間後までにお知らせします。
ご応募をお待ちしています。


 
<<back|<169170171172173174175176177178>|next>>
pagetop