July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「復活!今関あきよし監督特集」12/27ゲストが決定!

JUGEMテーマ:映画
「復活!今関あきよし監督特集」12/27の8ミリ大会のゲストが決まりました。
「APPLE’84」主演の和久井志保さん、「ORANGING’79」主演の三留まゆみさんです。
これで、新作「Mizuki’s Canon」の瑞樹さんも含め、歴代今関映画美少女ヒロイン3名が揃うことになりました。
シネマノヴェチェント、2015年の最後を飾るに相応しい豪華プログラム、ぜひご来場のほどを!

 

ハマーホラーの夕べ、大盛況!

JUGEMテーマ:映画
当館では2回目の開催となるハマーフィルム研究会主催のハマーホラーの夕べですが、熱心なファンの方々にお集まりいただき大盛況のうち幕を降ろしました。
このイベントは当館が主催して行う通常イベントとは異なり、ご常連のAさんが所属するハマーフィルム研究会の集会eventとして開催した、言わば持ち込み企画です。
映画を観て、トークショーをして、飲み会で盛り上がるという理想的なイベントでしたが、今回の成功をお受けて来春2月27日の開催も決定しました。
このような持ち込み企画も随時受け付けておりますので、何かやってみたい!と思われる方は躊躇せずに御気軽にご相談下さい。

「物置のピアノ」大好評上映中!

JUGEMテーマ:映画
7月に惜しまれつつこの世を去られた映画監督・プロデューサーの武重邦夫さんが2014年に製作した「物置のピアノ」。
生前、いろいろお世話になったこともあり、追悼上映として今週6日間上映させていただけることになりました。

福島発の震災後ムービーとしてはもちろんのこと、TVドラマ「表参道高校合唱部!」で主演を務める芳根京子の初主演映画と言うこともあって注目を浴びている作品です。
当館としては珍しく老若男女問わず、様様なお客様にお越しいただいております。
ホール上映主体の作品ゆえ、なかなか鑑賞の機会がない希少作品。
今週金曜日までの上映となりますので、お見逃しなきよう!

「復活!今関あきよし監督特集」で完成したての新作短編を初公開!

JUGEMテーマ:映画
まずはお詫びです。
HP「ジョン・ウィリアムズ監督特集」内でのタイムテーブルに誤表記が数か所ございました。
大変ご迷惑おかけしました。
申し訳ございません。
さて、12/24〜から開催される「復活!今関あきよし監督特集」ですが、監督が撮り下ろしたばかりの短編「Mizuki’s Canon」(2015 7分 BD カラー)を12/26~27の2日間、お披露目上映させていただけることになりました。

上映後のトークショーには監督はもちろんの事、主演の瑞樹さんもお越しいただけることになりました。
数々の美少女を見出してきた今関監督の新たなミューズ・瑞樹さんの魅力がたっぷり詰まったこの新作をどうぞお楽しみに!

「××× KISS KISS KISS」毎週金曜日レイトショー上映決定!

JUGEMテーマ:映画
昨日で上映終了となった「××× KISS KISS KISS」ですが、好評にお応えして12月から毎週金曜日の最終回に上映することになりました。

今のところソフト化の予定のない本作、お客様のニーズがある限り金曜レイトショーを続けていきたいと思いますので、ご支援の程よろしくお願いします。

 

「✖✖✖ KISS KISS KISS」「リディック ギャラクシー・バトル」はいよいよ本日まで!

JUGEMテーマ:映画
2本とも、とにかく観て下さい!

観て、文句があれば支配人にイチャモンつけて下さい。
御詫びに1ドリンク奢らせていただきます。

「映画女優・菜葉菜特集」プレ上映会に連日菜葉菜さん来館!

JUGEMテーマ:映画
来年1月9日から2週間に渡って開催する「映画女優・菜葉菜特集」ですが、かなりバラエティに富んだラインナップになりそうです。
その予告編も兼ねたプレ上映会が今月21日から1週間に渡って行われますが、初日・2日目に主役である菜葉菜さんの来館が決定しました。

スクリーンの彼女とは違った魅力を直に感じてください。

今年は不作が過ぎる1年なのか

JUGEMテーマ:映画
例年、300本以上新作を観ているのですが、今年はノヴェチェント開業の忙しさもあって150本足らず、しかも邦画はひとつまみ程度しか観ておりません。
そういうわけなので、年の瀬も迫ってきたというのにベスト10も選べずにいます。
もっとも、邦画に関しては300本観ていたとしても結果が大きく変わっていたかどうかは疑問ですが。
以下、暫定です。

洋画ベスト10
シェフ 三ツ星フードトラック始めました

ジョン・ウィック

スパイ・レジェンド

ドローン・オブ・ウォー

フォックスキャッチャー

セッション

ブラックハット

人生スイッチ

アメリカン・ドリーマー 理想の代償

ぼくらの家路

次点 ふたつの名前を持つ少年

 

 邦画ベスト6

天空の蜂

✖✖✖

魚津のパン屋さん

ラブ&ピース

新宿スワン

龍三と七人の子分たち

 

 ワースト
洋画

ヴィジット

ジュピター

7500

ファンタスティック・フォー

PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜

シグナル

 

邦画
ギャラクシー街道 

-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE 

バケモノの子

よもや、堤幸彦の映画をトップに選ぶことになろうとは・・・。
しかも洋画はハリウッド映画ばかり・・・。
やはり観こぼしている映画が多いという事なのだろうか。
そういうことにしておかないとやりきれない不毛の1年でしたが、邦画上位2作品はウチで出会えたのはうれしかったですね。
来年もこういう出会いが増えるといいなあ。

 

<<back|<169170171172173174175176177178>|next>>
pagetop