July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

第6回シネマバトルロイヤル「ゾンビ映画編」はいよいよ11月1日映画の日決戦!

JUGEMテーマ:映画
年内最後となるシネマバトルロイヤルはお待ちかね「ゾンビ映画編」です。
現在公開中の「メイズランナー2」でも疾走型ゾンビが大活躍、世代を超えて人気があるホラーキャラクター・ゾンビですが、そんな数あるゾンビ映画の中から、これぞ極めつけの一本!と思う作品をプレゼンして下さい!
優勝作品はその場で上映させていただきます。
開催前にはゾンビ映画の始祖・ジョージ・A・ロメロのゾンビサーガ最終作「サバイバル・オブ・ザ・デッド」を上映しますので、本家本元の作品を鑑賞して気分を木舞させてから臨んでいただけるのがベストかと思います。

終演後には、参加者の懇親会もございますので、ゾンビ談義に大いに花を咲かせてください。
バトラー、オーディエンス共に絶賛受付中です!!

上映作品変更の御詫び

JUGEMテーマ:映画
11月14日〜20日まで上映予定の「アンノウン」(2011)ですが、「unknown アンノウン」(2006)に変更になりました。

楽しみにされていた方々には大変ご迷惑おかけしますが、なにとぞご了承の程願います。
 

富山映画祭「げんげ」はいよいよ明日から!

JUGEMテーマ:映画
今回も問い合わせは多いのですが、皆さんご心配なさるような、「満員で入れないのでは?」と言う状況は万に一つ(電話対応では億に一つと申し上げておきましたが)もないと思いますので、ごくごく気楽にお越しいただきたいと思います。
しいて言うなら、28日の19時の「万年筆」は主演の竹内晶子さん応援団が大挙お越し下さるそうなので、ちょっと混みそうですが、入場をお断りすることはまずないと思います(劇場の立場からすると一度、頭を下げてみたいところですが)。
今回上映する作品のほとんどは富山県外ではほとんど上映されていないものばかりなので、この機会をぜひお見逃しなきようお願いします。
今回のラインナップで唯一タカオカンドリーム社製作ではないのがよしもと=TBS製作の「げんげ」。

ローカルをテーマにしてはいますが、メジャーカンパニーだけあって、塚地武雅、川島明、山田優ら旬の人気者をキャスティング、なにげに予算をかけた作りになっている穴馬映画です。
内容も、社命で映画監督をすることになった、かって大学の映研で映画製作に情熱を燃やしていた中年サラリーマンが主人公という、映画ファンならスルー出来ない設定。
主人公のモデルは本作でデビューを飾ったTVディレクターの角田陽一郎氏、その人というのもユニークで、25日の上映後にはその角田監督に本作完成までの顛末を事細かにお伺いします。
終演後には角田監督を囲んでの懇親会もございますので、皆様ぜひご参加のほどを!!

富山映画祭はいよいよ明日から開催!初日プレゼントもあります!

JUGEMテーマ:映画
お客様がさっぱり来ない10月の救世主「富山映画祭」がいよいよ明日から始まります!
初日の「万年筆」上映後は主演の渡辺裕之さん、竹内晶子さん、そして市川徹監督と、豪華な顔ぶれによるロングトークショーが行われますが、さらに氷見市から頂いた氷見物産をじゃんけん大会でお客様にプレゼントします!

10名分近くはありそうなので、当選確率は40〜50%くらいでしょうか。
ぜひ渡辺さんとのじゃんけんに打ち勝って賞品をゲットしてください!
その渡辺さんですが、お仕事の都合で来館が18時頃になってしまわれます。
トークショーは16時40分くらいから始め、途中から渡辺さんに加わっていただき、18時40分くらいに終えようと思います。
当初予定より40分ほど時間がオーバーしますが、なにとぞご了承のほどお願いします!
 

「銀河鉄道の夜」公開30周年記念上映会!

JUGEMテーマ:映画
日本のアニメ史上に燦然と輝く大傑作「銀河鉄道の夜」が公開されてから、今年は30周年の記念すべき年となります。
シネマノヴェチェントでは「銀河鉄道の夜」を製作したアニメスタジオ・グループタックの功績を記録するためのインタビュー読本を鋭意編集中ですが、公開30周年とこの発刊を記念して35ミリニュープリント上映会を開催します。

35ミリニュープリントで観てこそ、あの淡い色彩設計の素晴らしさが堪能できる「銀河鉄道の夜」ですが、フィルム上映の機会が著しく減ってしまった今、本作の真価が問える誠に貴重な機会と言えるでしょう。
12月19日、20日の上映後には杉井ギサブロー監督他、豪華ゲストをお招きしてのトークショーも開催します。

「銀河鉄道の夜」の熱烈なファンの方も、スクリーンでこの傑作を観たことのない方も、見逃したら後悔すること間違いなしの5日間です。
また、同期間中、東映動画の名作「太陽の王子 ホルスの大冒険」、「長靴をはいた猫」、「西遊記」の3本も35ミリニュープリント版上映。

12月23日「太陽の王子 ホルスの大冒険」上映後には、ホルスの声を演じた女優・大方斐紗子さんをお招きしてのトークショーも開催します。

こちらも予約開始しましたので、チケットはお早めにお求めください!
 

富山映画祭、開催迫る!

JUGEMテーマ:映画
富山県で製作された5本の作品を8日間に渡って上映する富山映画祭がいよいよ今週末から開催されます。
一口に富山県と言っても、高岡、魚津、水橋、氷見と舞台になる町は様々。
5本観れば、きっと富山をぐるりと旅した気分を満喫できることでしょう。
個人的におススメなのは先週末、お膝元富山シアターで公開されたばかりの新作「魚津のパン屋さん」。

東京で挫折して、故郷魚津に帰った女性が、一念発起してパン屋開業にチャレンジする元気の出るガールズムービー。
主演の高田亜矢子さん、ぶらっくすわんさん、竹内晶子さんら女優陣の魅力もさることながら、ヒロインの祖父役・悪役商会の大ベテラン八名信夫さんのユーモアたっぷりの好演が楽しい一編。
10月31日の上映後には、その八名さんもお越しになるトークショーがありますので、お見逃しなきよう。
そしてTVバラエティのディレクター&プロデューサーの大御所・角田陽一郎さんが映画監督デビューを果たした「げんげ」も魚津を舞台にしたヒューマンコメディ。

よしもとの人気芸人塚地武雅、川島明が主演、山田優、黒部進、菅田俊らお馴染みの芸達者たちが脇を固める豪華キャストは見ものです。
10月25日の上映後には、角田陽一郎監督をお招きしての爆笑トークショーも行います。
映画共々ご期待のほどを。
もう一本のおススメは、市川徹監督=渡辺裕之=竹内晶子の名トリオ、記念すべき第一作「万年筆」。

寒ブリで有名な港町・氷見の美しいロケーションをバックに、訳あり中年男女の出会いと別れを、情緒たっぷりに描いた佳作です。
こちらは初日10月24日上映後に、市川徹監督、渡辺裕之、竹内晶子のお三方をお迎えしての豪華トークショーを開催。
同作のロケ地マップの配布もございますので、監督や出演者の皆さんにサインを入れていただくのも一興です。
他に、このトリオによる本格野球映画「がんばれ!サンダーバーズ!!」、水橋市民総出演の群像劇「彩火ーはなびー」も上映されますので、併せてお楽しみ下さい。
トークイベント付上映回のチケットは、23日(金)AM10時までオンラインで販売中!
http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%CB%FC%C7%AF%C9%AE
http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%B5%FB%C4%C5http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%A4%B2%A4%F3%A4%B2

劇場窓口では開催前日まで発売しています。
ぜひお買い求め下さい!!
 

忘年会、やります

JUGEMテーマ:映画
12/13に忘年会やることになりました。
もちろんただの忘年会ではござんせん。
http://cinema1900.wix.com/home#!12-13---------/ocrm3
年越しイベントもやろうかと思いましたが、参加者がいるかどうか疑わしいのでペンディングということで。
やるのであれば先延ばしになっていたスーパー予告編大会やりたいと思っていますが、最低参加者数設定して、予約数がそれを満たしたらやる方向で考えたいと思います。

 

くじら好きのパラダイス!

JUGEMテーマ:映画

刺身とはりはり鍋兼用赤身だけでもこの量!(これで2人前です!!)
それにベーコン、唐揚げ、かつ、はつ刺身までつけてくれた濱のくじら屋さんはどこまで太っ腹なんだ(泣)。
濱のくじら屋「プロの客」秋本さんの絶妙トークもいい肴になって、とにかく質・量ともに大満足の宴でした。
アタシ自身、こんなにくじらを食べたのは生まれて初めて。
昨日来られた方は本当にラッキーだったと思います。
今度は「ビハインド・ザ・コーブ」を上映して、くじら宴会やろうと思います。
お楽しみに!!
<<back|<172173174175176177178179180181>|next>>
pagetop