July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

下町の美味しいお店屋さん∂世里じら屋「オーシャンズ」はいよいよ明日開催!

JUGEMテーマ:映画

ちょっとピンボケですみませんが、とにかく、こういう竜田揚げ、赤身の刺身、そしてはりはり鍋が思う存分楽しめるようです。
しかも、くじらのことなら何でも来いの秋本真彦さんが鍋奉行もして下さるらしいので、はりはり鍋初体験の方も安心してお楽しみいただけます。
当日参加も5,6名までなら対応可とのことなので、今からでも参加希望の方は電話受付もしますのでぜひお申し込み下さい(本日までにお申し込みなら前売料金!)。
おいらも仕事忘れて参加します。
 

ようやくチラシ原稿入稿しました

JUGEMテーマ:映画
とにかく毎日やること多すぎて忙しいのですが、10月に入って売り上げの方は最低だった6月を下回りそうな勢いです。
芸術の秋、食欲の秋とはよく言いますが、ウチには当てはまらないようです。
特に平日は閉めておいた方が経費削減になるんじゃないかと思うくらいですが、映画館は毎日営業のイメージが刷り込まれている当方としてはそうもいかず。
週末イベントが貴重な財源となっているとは言え、今週末のシネマバトルロイヤル、下町の美味しいお店屋さんシリーズ、共に経費倒れに終わりそうな雲行きなので、今回、あるいは次回で最終回となる予定です。
そんなネガティブ要素を吹き飛ばしてくれそうなのが、今月末開催の富山映画祭。
現在、試写中ですが、映画ファンからはそっぽを向かれるにしても、一般の方々や富山県好きの方への訴求力はかなりありと見ました。
今回上映作品の5本中4本のメガホンを取った市川徹監督の作品は12月、2月にも特集上映予定です。
日本のロジャー・コ−マン、市川徹監督の実績を世に問ういい機会が訪れたと思いますので、ぜひ御覧ください!

矢崎仁司監督最新作「✖✖✖ KISS KISS KISS」上映会は11/7より!

JUGEMテーマ:映画
日本のインディーズシーンを牽引してきた寡作の天才監督・矢崎仁司。
その矢崎監督に惚れ込んだ新進気鋭の女性シナリオライター5人が集結、「KISS」をテーマに矢崎監督にメガホンを取ってもらった自主オムニバス映画が「✖✖✖ KISS KISS KISS」です。

新宿K'sシネマでの先行上映では大ヒットを記録、それを受けてシネマノヴェチェントで11/7〜13まで1週間特別上映されます。
シナリオライターが集結したチュープロが自ら宣伝・配給も担当、日本映画の新しいプレゼンの形を体現してくれました。
初日の11/7にはそのチュープロメンバーが矢崎監督と本作について忌憚ないトークを交わすスペシャルイベントもございますので、なにとぞお見逃しなきよう!http://cinema1900.wix.com/home#!11713-/c1u75

 

シネマバトルロイヤルはいよいよ後2回!

JUGEMテーマ:映画
映画版ビブリオバトルとして、ハイクオリティなバトルを展開してきた「シネマバトルロイヤル」ですが、今週末土曜日「ベスト・オブ・ジャッキー・チェン編」、11月1日の「ゾンビ映画編」で一区切りとなります。
来年以降、再開するかどうかはこの残り2回の反響次第ですので、ご支援の程お願いします。
17日のバトル前にはジャッキー・チェン主演の時代劇アクション「ラスト・ソルジャー」を、

11月1日のバトル前にはゾンビ映画の始祖ジョージ・A・ロメロの「サバイバル・オブ・ザ・デッド」を

それぞれ35ミリフィルム上映しますので、参加前にご覧いただき、気合を入れてから臨んでいただくのがベストだと思います。
優勝者は、その場で貸切り上映権利が与えられますので、ソフトを持参の上チャレンジして下さい!
受付は、電話・メール・劇場窓口、いずれでも結構です。
多くの方のご参加をお待ちしております!!
 

下町の美味しいお店屋さん∂世里じら屋「オーシャンズ」

JUGEMテーマ:映画
怒涛の三連休をどうにか乗り切りましたが、問題は今週末です。
17日土曜日は恒例シネマバトルロイヤル第5回として「ベスト・オブ・ジャッキー・チェン」をテーマに行いますが、参加希望者が過去4回に比べて少なすぎ!
毎回、それなりに盛り上がってきた「シネマバトルロイヤル」ですが、ちょっと怖い展開になってきました。
個人的にはチャールズ・チャップリンと同線上で語れる大スターだけにさぞ引き合いも多かろうと期待していたのですが、ちょいと拍子抜け。
今からでも遅くないので、ジャッキー信者の参加を心からお待ち申し上げております。
ジャッキーの素晴しさを語り合おうではありませんか!
そして下町の美味しいお店屋さん∂世里じら屋「オーシャンズ」。
本当に、くじら好き、あるいはくじら料理に興味のある方なら、絶対に参加して損はないと断言しておきます。
小学校の給食に出たクジラの竜田揚げが死ぬほど好きだった当方からすると、まさに乾坤一擲の食+映画イベントなのですが、これもまた見事にスルーされております。
シネマノヴェチェントって一体どんなところ?と敷居をまたぐのを躊躇されている方にこそ強くおススメしたい上映会です。
「濱のくじら屋」という隠れた名店をしるだけでも入場料の元は取れるはず。
35ミリで観る「オーシャンズ」の映像美も含め、知的欲求と食欲を同時に満たす事の出来る唯一無二のスペシャルイベント!
ぜひともご参加あれ!

第二回寄席・千九百亭は大盛況!

JUGEMテーマ:映画
おかげさまで満員御礼となりました。
白酒師匠の出し物は古今亭の鉄板噺「風呂敷」とアタシの大好きな「宿屋の仇討」の二席でした。
師匠は、ゲストが聴いていると抜群に出来が良くなるんですよね。
ご本人は否定するでしょうが、全席聴いている立場からするとそれは間違いない。
今回の二席も過去聴いたものと比べると、格段に良かったように思いました。
今回は、愚離粗無亭の頃からのご常連が半分、新規のお客様が半分という構成比でしたが、皆様ご満足いただけたのは主催者冥利に尽きます。
次回は、来年3月を予定していますが、皆さん、次回も来ますとおっしゃって下さったのでうれしい限りです。
本当に落語って素晴らしい。
というか、白酒師匠サイコー!!

ずいぶん先のお話ですが・・・

JUGEMテーマ:映画
昨日の「月世界の女」上映会はいろいろありましたが・・・それはサポーターズブログに譲るとして、年末の「今関あきよし監督特集」の概要が決まりましたのでお知らせします。

「復活!今関あきよし監督特集」
12月24日(木)&25日(金)
12時30分 「カリーナの林檎」&「サクリファイス〜水の中のカリーナ」(共にBD)
15時  24日「タイムリープ」(35ミリ) 25日「りぼん REBORN」(35ミリ)
17時 「クレヴァニ 愛のトンネル」(ロシア語字幕版・BD)&「彼女は緑の光に彼を想う」(最新作・BD)
上映後、今関監督クリスマストークショー

12月26日(土)
10時 「クレヴァニ 愛のトンネル」(ロシア語字幕版・BD)&「彼女は緑の光に彼を想う」(BD)
12時 「すももももも」(35ミリ)
13時30分 「りぼん REBORN」(35ミリ)
15時 「タイムリープ」(35ミリ)
終映後、今関監督&川岡大次郎さんトークショー

12月27日 (日)
10時 「タイムリープ」(35ミリ)
12時 「りぼん REBORN」(35ミリ)
13時30分「すももももも」(35ミリ) 
15時30分 今関あきよし8ミリコレクション
「ORANGING’79」「MILK○MILK」「初恋’86」「スプリングハズカム・日記3」
終映後、今関監督&スペシャルゲストのトークショー

12月28日(月)
13時 「タイムリープ」(35ミリ)
15時 「りぼん REBORN」(35ミリ)
17時 「すももももも」(35ミリ)
19時 「クレヴァニ 愛のトンネル」(ロシア語字幕版・BD)&「彼女は緑の光に彼を想う」(BD)
今関監督プチトークショー(予定)

12月29日(火)
13時 「クレヴァニ 愛のトンネル」(ロシア語字幕版・BD)&「彼女は緑の光に彼を想う」(BD)
15時 「タイムリープ」(35ミリ)
17時 「りぼん REBORN」(35ミリ)
19時 「すももももも」(35ミリ)
今関監督プチトークショー(予定)

12月30日(水)
13時 「すももももも」(35ミリ)
15時 「クレヴァニ 愛のトンネル」(ロシア語字幕版・BD)&「彼女は緑の光に彼を想う」(BD)
17時 「タイムリープ」(35ミリ)
19時 「りぼん REBORN」(35ミリ)
今関監督プチトークショー(予定)

いやー、年末に相応しい濃いプログラムになりました(笑)。
今関監督と映画の話をしていると時の経つのを忘れてしまうほど楽しいので、個人的には1年間頑張ってきた癒し週間と言えそうです。
近日、前売り発売開始しますので、よろしくお願いします!!

今日から3連休です!

JUGEMテーマ:映画
9月の連休以降、どうも景気がパッとしないので、この3連休で流れを変えたいところですが、さて、どうなることやら。
まず、初日の本日は当館3度目となる巨匠フリッツ・ラングのサイレントSF大作「月世界の女」。
ただし、今回は檀鼓太郎さんのハイブリット活弁に加え、ジャズピアニスト城田有子さんとその仲間たちによる即興の生伴奏がつくという豪華版です。
過去2回は見に来られたお客様が大絶賛されていたので、それ以上の感動が生まれることは間違いないでしょうが、果たしてお客様が来るかどうか・・・。
15時の回、18時の回共に当日券ございますので、ぜひお運び下さい。
また、今度観ればいいや、というそこのあなた。
お客さん来なければ次はござんせんよ。
続く12日日曜日は恒例、寄席・千九百亭。
こちらの方はおかげさまで盛況、当日券は出ても2、3席程度ですが(ネット販売は終了しましたが、窓口なら購入可!)、ザ・グリソムギャング時代から十余年のお付き合いである、桃月庵白酒師匠と中野昭慶監督の邂逅は実は大きなテーマでした。
今回、ようやくお二人の2ショットを見れることは実に感慨深いものがあります。
そんな個人的には記念碑的イベントに一人でも多くのお客様に立ち会っていただけたらありがたいですね。
そして楽日は、その中野昭慶監督の傘寿お祝いの会です。
ザ・グリソムギャング時代に、当館でも特撮映画トークのMCを務めていただいているライターの友井健人さんが「中野監督のお背中を流したい」という一言から始まった企画で、中野監督に恐る恐る訊いてみたところ、意外にも「そりゃあ、面白い」と簡単に乗ってくださったので実現化しました。
今回は河岸を替えての第3回目となりますが、いい塩梅に目鼻に「願成寺」があるので、銭湯に赴く前に、そこで中野監督のご健康とご長寿を祈願していきます。
今年は他所でも盛大な中野監督の傘寿祝いパーティが行われるようですが、こちらは真の中野監督ファンが集う地下集会みたいなものなので(2階でやってますけど)、お寺行ったり、銭湯行ったり、怪しい内容に腰が引ける方は盛大な方に行ってください。
今年はプレゼントは参加者の方に見繕っていただいたり、ケーキは地場の特撮好きのケーキ屋さんにお願いしたり、いつも以上にアットホームな会になると思っています。
こちらは当日券も十分ございますので、我こそは中野監督ファン!と思う方はこの機会をお見逃しなく!!
 
<<back|<173174175176177178179180181182>|next>>
pagetop