December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「サイレントヒル リベレーション」ご来場の方に素敵なプレゼント!

JUGEMテーマ:映画
昨日行われた「サイレントヒル リベレーション」スペシャル上映会は大盛況のうちに幕を降ろしました。
ゲストの山岡さん、伊藤さんの他、著名ゲームクリエーターの方々も何人かお越し下さり、熱心なサイレントヒルファンは大感激の1日だったようです。
ゲームも映画同様、感動を胸に刻み込めるものだとしみじみ感じた一夜でした。
懇親会も日にちが変わるまで大盛り上がりで、クリエーターとユーザーの幸福な関係が体現出来たイベントになりました。
ゲストのお三方のご好意で12月4日まで上映の「サイレントヒル リベレーション」ご来場の方、各回先着3名様に、昨日のゲストのサインの入ったチラシをプレゼントします。

特にクリーチャーデザインを手がけた伊藤暢達さんの三角ヘッドのイラスト入りサインは1枚ずつ絵柄が異なっているので、全てが一点もの!
サイレントヒルファンはぜひ手に入れてください!!
※当日のチケットは本日10時45分より、月曜〜金曜は12時45分より販売しております!

12/5〜市川徹監督特集、イベント日はファン感謝価格!

JUGEMテーマ:映画
12月5日から1週間に渡って上映される市川監督特集ですが、初日は上映後に市川徹監督と主演の竹内晶子さん、2日目は市川徹監督のロングトークショーが開催されます。

海千山千の市川組と歯に衣着せぬ竹内さんのトークの面白さは過去2回の上映会で実証済ですが、今回はより多くの方に映画とトークを楽しんでいただこうと前売り2000円のサービス価格に設定しました。
http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=12%2F5
http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=12%2F6
さらに前売りをご購入の方には(オンラインチケットor窓口購入)、当館で1か月有効のフード&ドリンクチケット(500円相当)をもれなくプレゼントします。
2日間、ご購入の方にはさらにさらに来年1月に上映の「魚津のパン屋さん」のご招待券をプレゼント!

面白さ保証付きの2日間、ぜひお得な前売券をお求めください!

JAPAN TIMESにジョン・ウィリアムズ監督特集が掲載!

JUGEMテーマ:映画
只今開催中のジョン・ウィリアムズ監督特集がJAPAN TIMESに掲載されました。
http://www.japantimes.co.jp/culture/2015/11/25/films/welsh-filmmaker-john-williams-made-japan-odds/#.VlclaP-hfIV
日本で活躍する英国人監督として注目されているようです。
新作準備のため、次週「SADO TEMPEST」上映時にはお越しいただけないのが残念ですが、本日「スターフィッシュホテル」上映終了後、お客様とスキンシップを図ってくださるそうです。
ぜひお越し下さい!

明日の「スターフィッシュホテル」終映後、ジョン・ウィリアムズ監督のミニトークショーあり!

JUGEMテーマ:映画
日本映画が好きで来日し、創作と生活拠点にしてしまった英国人・ジョン・ウィリアムズさん。

その熱意と才能に惚れ込んで、映画製作に協力している方々はかなりの数に上るようです。
そんなウィリアムズ監督の作品とお人柄に触れられる貴重な機会。
終演後には監督を囲んでの懇親会もご用意していますので、ぜひご参加下さい!
 

満田かずほ監督・監督生活50周年記念上映会△呂い茲い荳週末!

JUGEMテーマ:映画
大盛況のうち幕を閉じた満田かずほ監督・監督生活50周年記念上映会,任垢、ソールドアウトでご参加いただけなかったお客様には大変ご迷惑おかけしました。
「戦え!マイティジャック」の江村奈美隊員をゲストにお迎えしての⓶は29日(日)に開催されますが、こちらはまだ若干お席残っております。
満田監督と江村さんというレアな顔合わせによるトークショーは、マイティジャックファンならずとも必見・必聴です。
もちろん、お二方のサイン会・撮影会・懇親会もございますので、円谷プロの屋台骨を半世紀に渡って支え続けてきた満田監督の50周年をお祝いしたい方々はぜひご参加下さい!
前売は劇場窓口、あるいはオンラインチケットセンターにて!(オンラインは11/27 AM10時まで)
http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=11%2F29

「サイレントヒル リベレーション3D」スペシャルイベント上映はいよいよ今週末!

JUGEMテーマ:映画
金曜夜から4夜連続のイベント続きで楽しい反面、さすがに体力的に疲れ果てました。
1人で満席の懇親会の後片付けをしながら、モニターにマイケル・ウィナーの「追跡者」をかけ、後片付けが終わった後は、残ったくじら肉を肴に、ジョナサン・デミの「怒りの山河」を観て、疲れを癒しました。
「追跡者」は学生の頃、今は亡き新宿ローヤルで観たのですが、安易なズームイン・アウトを多用するカメラにウィナーの軽さを感じた作品ながら、なぜか観るたびに惹かれる傑作で、今となってはズームも味わいに捉えられます。
この頃ウィナーと組んでいたジェリー・フィールディングのスコアも素晴しく、耳心地の良いことこのうえなし。
フィールディングはペキンパー、イーストウッドと言った巨匠を支えた音楽家として、もっと評価されてしかるべきでしょう。
「怒りの山河」はロジャー・コ-マン製作のB級アクションですが、70年代に流行った復讐モノの1本として忘れられない佳作。
冒頭からベタな展開ながら、芝居っ気が微塵も感じられないピーター・フォンダのカッコよさにまずしびれます。
フォンダの弟を演じているのが、若手時代のスコット・グレンというのもうれしい発見。
この作品の良さはとにかく正義感溢れる主人公フォンダが、耐え忍ばずにすぐに悪党に対して行動に出るところ。
安易と言えば安易ながら、観ている者にストレスを感じさせない行動力は今の映画には見受けられないものです。
それはともかくとして、ゲームファン垂涎の「サイレントヒル リベレーション3D」スペシャル上映会はいよいよ今週末、土曜日に迫ってきました。

ゲーム版でも音楽を担当された山岡晃さんと、劇中のメインクリーチャー・三角頭レッドピラミッドシングのデザインを手掛けた伊藤暢達<いとうまさひろ>さん、そして、本作の根幹を司ったシークレットゲストによる、豪華トークショーが上映後に行われます。
おそらく、この顔ぶれによるロングトークショーは最初で最後と思われますので、サイレントヒルファンは万難を排して駆けつけるべし!!

2016年の目標

JUGEMテーマ:映画
今年2月にオープンしたシネマノヴェチェントですが、前身であるザ・グリソムギャングで果たせなかった夢を実現すべく立ち上げたようなものです。
その一つが洋画未公開作品の配給・上映だったわけですが、「SAS<特殊部隊>人実奪還指令/ファイナル・オプション」と「インターネサイン・プロジェクト/恐るべき相互殺人」で現実のものとすることが出来ました。
しかし、この2作品は共に配給権契約が1年なので、来年上半期には上映出来なくなります。
思い入れのある作品だけに配給権の延長も検討しましたが、収支が真っ赤かなことを考えるとそれもままならず、断念しました。
しかし、これで配給業務を終わらせてしまったのではシネマノヴェチェントを立ち上げた意味がないので、来年も洋画を1作品独占上映すべく調整中です。
さらに、邦画旧作のニュープリント・リバイバル上映も検討中で、こちらも権利元と交渉中です。
これが来年の目標ですが、加えてご当地映画祭、富山映画祭からインスピレーションを受け、シネマノヴェチェントのある藤棚商店街を舞台にしたご当地映画の製作・上映にもトライしてみようと思っています。
実現すればかなり面白いことになるでしょう。

楽しい3連休

JUGEMテーマ:映画
先週末から今週にかけて個人的には毎晩楽しい日々が続いています。
木曜日は「unknown アンノウン」を観に来て下さったお客様と、先だって開催されたハマーホラーの夕べ主催者の方と終映後に楽しく盛り上がり、金曜日は「いちばん美しい夏」上映後に、ジョン・ウィリアムズ監督、出演者のにわつとむさん、今週末から上映のウィリアムズ監督「佐渡テンペスト」主演の逸見泰典さんらがお越し下さり、これまた大いに盛り上がりました。
そして昨夜は「映画女優・菜葉菜特集」プレ上映会初日で、菜葉菜さん最新主演作「Bad Moon Rising」上映後に菜葉菜さんの他、共演の瀬古千裕さん、喜多一郎監督、浅野博貴プロデューサーにお集まりいただき、とても楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
皆さん、映画が大好きな方々ばかりなので、お話ししていても時間の過ぎるのがなんと早いことか。
今夜の宴もまた楽しみです。
因みに今夜は濱のくじら屋さんのはりはり鍋ですよ!
<<back|<185186187188189190191192193194>|next>>
pagetop