August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

サポーターズ・クラブ決起集会はいよいよ23日12時から!

JUGEMテーマ:映画
シネマノヴェチェントを応援しようというファンクラブ「シネマノヴェチェントサポーターズ・クラブ」は絶賛会員募集中ですが、その決起集会が来る23日(日)12時から行われます。
会員の方ならどなたでもご参加いただける気楽な集いです。
まずは会員様だけにお届けするスニークプレビュー作品をお楽しみいただいた後、お茶菓子をお楽しみいただきながら今後のシネマノヴェチェントの展望を無責任に語りあい、会員様同士の親睦も深めていただきます。
正しいノヴェチェンターとしては、その後16時から行われる「映画24区特集」も参加!が理想形ではありますが、とりあえずは決起集会にご参加下さい。
もっと楽しく映画を楽しみ、遊びましょう!
※なお、当日入会の方も決起集会にご参加いただけることになりました。
2万円握りしめて(10万円でも可)、シネマノヴェチェントにGO!

今日はメンズデー!

JUGEMテーマ:映画
我ながら上映フォーマットが異なるものをタイトなタイムテーブルの中にぶち込んでしまったので、大変な思いをしております(朝から夕方までワンオペなので)。
しかしながら、番組的には非常に見応えのある、充実したラインナップになったという自負もあります。
本日はあいにくのお天気ながら、打ち水の効果もあって久しぶりに涼しいこともありますので、ぜひノヴェチェントでお過ごしください。
特に男性のお客様はポイント2倍のメンズデーですので、ぜひともご来館のほどを。
因みにバーでは昼呑みも出来ます。
「ヒルコ 妖怪ハンター」は19時30分の回もございますので、仕事帰りにご覧いただくには最適です。

 

金日成のパレード、上映フォーマット変更のお知らせ

JUGEMテーマ:映画
昨日から上映の「金日成のパレード」ですが、上映用BDディスクが不安定なため、本日の上映からDVDに変更させていただきます。
あらかじめご了承の程願います。
なお、「金日成のパレード」特製パンフレットを1部800円で数量限定販売中です。
30部もありませんので、お早目にお買い求めください!

本日、ヒルコメカ出現!

JUGEMテーマ:映画
いよいよホラー特集の白眉「ヒルコ 妖怪ハンター」上映イベントが本日16時より行われます。
ゲストはゴジラシリーズなどでお馴染みの特撮監督・浅田英一さんと、特殊造型、特殊メイクを担当された織田尚さんのお二方です。
アナログ特撮の素晴しさが味わえる本作ですが、特に実質主役と言っていいヒルコの造型の見事さと、動きの気持ち悪さはトラウマものです。

その撮影で使われたヒルコメカを織田さんが特別に披露してくれます。
特撮ファンはこの機会をお見逃しなく!
当日券もあります!!
 

特攻サンダーボルト作戦はいよいよ本日まで!

JUGEMテーマ:映画
先週の「メテオ」が惨敗だったので、DVD化されているこの「特攻サンダーボルト作戦」がこの半年間で映画上映のみの動員数で記録を作るとは思いませんでした。

記録ったってたいした数字じゃありませんけどね。
何気に同じようなテイストの「ファイナル・オプション」と繋げたのが良かったんでしょうね。
「恐るべき相互殺人」からハシゴする方も結構いらっしゃったので、ここを始めてから初めて手応えを感じました。
お客さんの多くは名画座世代の方々で、観終わった後にかっての名画座の思い出話をされる方もいました。
とにかく、観終わった後に皆さん満足な表情を浮かべて帰路につかれたのは小屋主冥利に尽きます。 
その「特攻サンダーボルト作戦」も今日の12時の回、19時の回で終了となります。
スクリーンでぜひブロンソンの勇姿をお楽しみ下さい!
 

ホラー週間、迫る!

JUGEMテーマ:映画
いよいよ今週末からホラー週間です。
このク○暑い夏を乗り切るにはやはり納涼効果があるホラー映画が一番!ということで、傑作ばかり3本揃えました。
まずは「野火」が絶賛上映中の塚本晋也監督作品「ヒルコ 妖怪ハンター」。

私見ではありますが、ホラー映画好きの私が、ジャパニーズホラーのベスト3にランクインする傑作です。
怖いホラーは笑える、という私の方程式にズバリはまる本作、劇中5回は怖すぎて大笑いできます。
そして秀逸なのは、初恋映画として泣けること。
塚本監督のホラー映画愛が全編満ち溢れたこの名作を観ずして、この猛暑を乗り切れると思うことなかれ!
15日土曜日にはSFX担当の浅田英一さんと、特殊造型担当の織田尚さんがゲストにお越し下さり、なんとヒルコメカも登場します!
本物のヒルコを拝みたい方はこの機会を絶対に見逃さないように!
そして、1932年制作のトッド・ブラウニング監督作品「フリークス」。

これはデビッド・リンチの「エレファントマン」どころではない、本当の「クリーチャー」映画です。
でも、本当のクリーチャーは誰か・・・トーキー間もないこの時代に、既に人間の醜悪な内面を「物語」として端的に描き切ったブラウニングの話術は全く風化するところがありません。
表現の自由とは何か、現代の浅はかな風潮をあざけ笑うかのような自由闊達な演出は、カタルシスさえ感じさせます。
デジタルリマスター版ではなく、オリジナル35ミリ版だからこそ映画力を痛切に味わえるこの傑作、必見です!
そして最後は、ニュースフィルムの編集作品にもかかわらず、人間のこわさを思い知らされるドキュメンタリ「金日成のパレード」。

洗脳の怖さを見事に炙り出した、背筋の寒くなる一種の「ホラー映画」と言って差し支えない作品です。
そして、ホラー映画ファンが自分の一本を競い合う「第3回シネマバトルロイヤル・ホラー映画編」も16日日曜日に開催されます。
ホラー映画の魅力を徹底的に語り合えるこの一夜、しかも審査員長は「コワすぎ」シリーズなどの白石晃士監督です。

「恐怖」も「笑」も「涙」も紙一重。
ホラー映画の奥深さをこの1週間で、ぜひ体感してください!!

 

本日はレディースデー、ポイント2倍!

JUGEMテーマ:映画
今日はこれから渋谷の某事務所に赴かねばなりません。
何用かって?
それはサポーターズクラブ会員専用サイトに書きますんで会員の方はそちらをお読みください。
あまり楽しい用事でないことは確かです。
一方、秋以降の番組編成に幅が広がる可能性が出てきました。
やっぱり洋画が少ないとノヴェチェントって感じになりませんので、ここまできたら巷で言われる男性路線を極めたいと思います。
でも、今日はレディースデーなんで女性はぜひ。
正しい観方は恐るべき相互殺人〜ファイナル・オプション〜特攻サンダーボルト作戦をハシゴして、観終わった後にバーで一杯ひっかけながら余韻に浸る・・・、これしかありません。
ハシゴしてポイント6つ、一気に貯めてください!!

日本アニメーション40周年記念、ラストトークイベントは「フランダースの犬」!

JUGEMテーマ:映画
日本アニメーションの公式第1作目で、視聴率も25%近くを常にマーク、泣けるアニメの代名詞として今なお語り継がれている「フランダースの犬」。

日本アニメーション40周年記念最後のトークイベントはこの「フランダースの犬」をテーマにお届けします。
現存している3本の16ミリプリントを上映した後、演出と絵コンテを担当された黒田昌郎監督をゲストにお迎えし、制作裏をたっぷりとお伺いします。
サイン会、日本アニメーショングッズが当たる抽選会も行いますので、お楽しみに!
ご予約はこちらからどうぞ!
http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%A5%D5%A5%E9%A5%F3%A5%C0%A1%BC%A5%B9
 
<<back|<185186187188189190191192193194>|next>>
pagetop