August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

映画24区、リターン!

JUGEMテーマ:映画
5月に開催し、好評だった映画24区特集ですが、その第二期上映会がいよいよ今月下旬から始まります。
第二期といっても、諸事情で上映出来なかった、映画24区初期作品2本と、首都圏初公開の新作オムニバスの上映となります。
8月22日から1週間、記念すべき映画24区製作第一作「傷跡」と第二作「夏がはじまる」を2本立て上映、23日には2作品の監督を務めた冨樫森監督と、両作品に出演された梨乃さんをゲストにお迎えしたトークショーも開催します。
堅実な演出で映画24区のベースを築いた冨樫監督のお話は、きっと日本映画の未来を切り開く何かを喚起させてくれるものになるはず。
日本映画に失望しているファンにこそお越しいただきたいイベントです。
また、8月29日から9月4日まで上映する「半農+半映画プロジェクト」は首都圏では初上映となる、映画24区最新オムニバス作品。
冨樫森監督プロデュースの下、俊英3人の監督が集結、地方発映画の新しい在り方を提示します。

30日の上映では、映画24区代表で、本作のプロデューサーでもある三谷一夫さんと、メガホンを取った水元泰嗣監督、風間太樹監督らが登壇、映画24区が目指す日本映画像を語り合っていただきます。
また、5月の第1期で上映した5作品
「乙女のレシピ」「砂をつかんで立ち上がれ」「1+1=11」「父のこころ」「くらげとあの娘」を8月29日の夜にオールナイトで一挙上映。

5月に見逃した方も、今回初めて映画24区に触れる方々も、22日から2週間シネマノヴェチェントに通えば映画24区の全貌を捉える事が出来ます。
この貴重な機会をお見逃しなく!!

「矢島正明 声の仕事」出版記念イベント、前売のみですのでご予約はお早く!!

JUGEMテーマ:映画
8/29開催の「矢島正明 声の仕事」出版記念イベントですが、著書(価格:3024円相当)がついて5000円という大変お得な参加料となっております。

当日は矢島さんの代表作品参考上映後、矢島さんのロングトークショー、そして著書と他一点までのサイン会、そして矢島さんを囲んでの懇親会と、矢島さんファンには堪らない内容となっています。
ただ、書籍の事前仕入の都合により、ご予約は
8月23日午前10時までとなっております。
それ以降、また当日の受付は出来ませんので、必ず8月23日午前10時までにオンラインショップよりお申し込み下さい。
http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%CC%F0%C5%E7
名声優と直に触れ合える千載一遇のチャンス、お見逃しなく!!

8/15「ヒルコ 妖怪ハンター」にヒルコメカ登場!!

JUGEMテーマ:映画
真夏のホラー劇場、目玉である「ヒルコ 妖怪ハンター」上映会ですが、8/15の特別ゲストである特殊造型担当の織田尚さんが秘蔵のヒルコメカをお持ち下さるとのこと!

一体、どんなものがお目にかかれるのかこちらもワクワクドキドキですが、いずれにしても「ヒルコ」ファンは必見でしょう。
当日はSFX担当の浅田英一さんも加わっていただき、「ヒルコ」誕生の裏側をじっくりとお伺いします。
また、この日に限り、ゲストを囲んでの懇親会費もお安く設定してありますので、お気軽にご参加下さい!
http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%A5%D2%A5%EB%A5%B3

8月8日「特攻サンダーボルト作戦」ご来場者に70年代映画チラシセットをもれなくプレゼント!

JUGEMテーマ:映画
急に思いついたんで、どんなセットになるかはわかりませんが、今夜うちに帰ったらなんか見繕います。
例えばこんなん。

メテオが2種類出てきました。
この中からお好きなものを5枚、先着順にお取りいただけるようにしようかと。
因みに全部館名入りです。
 

映画を見溜め

JUGEMテーマ:映画
夏休み、従業員に休みをやらないといけないので、8月下旬まで連日根詰めなければならなそうなので、本当はミニシアター系の作品が観たいのだけれど、限られた時間内で1本でも多く観るにはシネコンということで、ららぽーと横浜のTOHOシネマズで6本ハシゴしてきました。
☆は双葉先生方式に準じます。
進撃の巨人前編 ☆☆★★★
ミニオンズ3D日本語吹替え版 ☆☆★★★
ジュラシック・ワールド ☆☆☆
海のふた ☆☆☆★
パージ ☆☆☆
パージ・アナーキー ☆☆☆★
残念ながら心を満たしてくれる映画との出会いはありませんでしたが、それなりに各作品見どころはありました。
ミニオンズもですって?
気持ちよく寝ることができますので、熱帯夜で寝不足の方には強くお勧めします。
 

第3回シネマバトルロイヤルホラー映画編はいよいよ16日開催!

JUGEMテーマ:映画
いよいよ10日後に迫ってきた第3回シネマバトルロイヤルホラー映画編ですが、今回は優勝作品をコンペ終了後に即上映することになりました!
タイムテーブルは・・・
16時半〜 バトル開始(8人×8分=64分、休憩時間5分×2=10分、集計・発表20分)
18時10分〜優勝作品上映
19時40分〜20時頃終映
20時頃〜懇親会
と、このような感じになります。
バトラーで参加される方は、必ず国内版のDVDかBDをご持参下さい!
16ミリなんて兵がいればそれも受け付けますけどね!(35ミリは繋ぎ時間を要するので×)。
今のところバトラー参加予定は5名。
8名で打ち切る予定ですので、残り3名。
今回は進行の都合上、当日参加は受け付けない公算が高いので(オーディエンスはもちろん当日参加OK!)、我こそはという方は早めにエントリーして下さい!
 

BANZAI!70’sオールスター映画!第2弾は「特攻サンダーボルト作戦」

JUGEMテーマ:映画
70年代Love!の映画ビジュアルデザイナー・中平一史さんの秘蔵映像を見ながら70年代オールスター映画を語り尽そうと言う、70年代ファンにはたまらない「BANZAI!70’sオールスター映画!」、「メテオ」に続く第2弾はチャールズ・ブロンソン主演「特攻サンダーボルト作戦」です。
(因みに劇場版は2時間6分版です)
今回は「特攻サンダーボルト作戦」を中心に、戦争映画、アクション映画のオールスター映画を拾い上げ、上映された当時の風俗なども含め、熱く70年代映画を語り合います。
ゲストは他に映画ライターのくれい響さん、そしてナビゲーターは私、シネマノヴェチェントの箕輪が務めます。
残席あり、ぜひともご来場ください!!

本当に書きたいことは・・・

JUGEMテーマ:映画
以前、シネマノヴェチェントが出来るまでを時系列に沿って書きますと宣言したことがありましたが、色々公にすると問題になりそうなこともあって、撤回させていただいたことがありました。
ただ、忘備録も兼ねてどこかに記しておかないとと言う思いもあるので、サポーターズクラブページで8月中旬から連載していこうと思います。
ごく限られた方々しか目に触れることがないので、これなら問題なかろうという判断からです。
サポーターズクラブ入会はこちらからどうぞ!
http://cinema1900.wix.com/home#!about-2/c1dp0
 
<<back|<186187188189190191192193194195>|next>>
pagetop