December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

シネマ ノヴェチェント開店まであと1日!

JUGEMテーマ:映画

開店は明日ですが、今日は前夜祭なので、実質本日からという感じです。
開店まで漕ぎ着けたことを喜ぶべきか、それまで何一つうまくいかなかったことを嘆くべきか難しいところですが、そんなことを考えているだけ時間の無駄なので、とにかく今やれることをやるだけです。
出来れば今夜のレセプションの様子をリポートしたかったのですが、おそらくブログを書いているだけの余裕はなさそうなので、出陣前の心境のみ記しておきます。
それでは!

シネマ ノヴェチェント開店まであと2日!

JUGEMテーマ:映画

いよいよ開店まで2日、前夜祭まで1日となってしまいました。
消防署の検査もようやく下り、明日、書類を受け取れば正式に営業認可されます。
昨日はどうやら食あたりだったようで、今日も体に力が入らずろくな仕事ができませんでしたが、それでもゼファーさんが差し入れてくれたコーディングボンドで通路を広げるために残ってしまった床穴を地道に埋める作業に没頭していました。

映写はもっぱら西崎FMに任せ、ようやく「恋極道」を試写。
店内とシアターの掃除を済ませ、明日に備えました。
ただ、店内装飾が後手に回ってしまったので、明日のテレビ神奈川の取材では淡白な店内しか映してもらえないかもしれません。
いずれにしてもオープンまで数十時間、ラストスパートです!

 

シネマ ノヴェチェント開店まであと3日!

JUGEMテーマ:映画

今日は消防署の指示に従い、客席通路を13センチ広げる作業をゼファーの壱岐さんにお願いしました。
明日、もう一度査察が入るので今日中に何とかしなければならないのです。
せっかく綺麗に揃った客席レイアウトを一度白紙状態に戻し、パズルの様な継ぎ接ぎ作業を1日続け、ようやく通路幅を80僖ープしました。
無理な注文にも応えてくださった壱岐さんには本当に感謝の言葉しかありません。
おかげで何とか週末オープンに漕ぎ着けられそうですが、座席や床面に与えたダメージはかなりあり、とても新館とは呼べないありさまになってしまいました。
まあ、自業自得ではありますが、役所や消防の責めで体を壊してしまいそうな感じです。
今日は西崎FMやアルバイト嬢にお任せして早々と寝ることにします。
オープン前に倒れでもしたらシャレになりませんからね。

シネマ ノヴェチェント開店まであと4日!

JUGEMテーマ:映画
開店というか、前夜祭まであと3日しかなくなりました。
初日に上映する「恋極道」のフィルム紛失騒動や、消防署の厳しいツッコミなどそうでなくとも問題累積なのに、時間だけは無常に流れていきます。
それでも着々と準備は整いつつあるわけで、本日は「ファイナル・オプション」の通し試写が完了しました。
今日はこれから「恋極道」の試写を行い、納品されてきた食器類を片付ける予定です。
そういえば先日取材を受けたタウンニュースの2月5日号が早々と届けられました。

開店前に1面で掲載されたのはありがたい限りです。
因みに2面には横浜在住の利重剛監督が登場されております。
ぜひ手にお取りください。

シネマ ノヴェチェント開店まであと5日!

JUGEMテーマ:映画
昨日は店内清掃、映写設定調整、フードメニュー最終精査作業など、開店に向けての作業に明け暮れておりました。
西崎FMとアルバイトN嬢はフードメニュー試作に没頭してくれましたが、試食をしてくれた株主諸氏の評判もおおむね良好で、なんとか居酒屋の体をなすことが出来そうです。

本日から3日間、消防、保健所と現地確認が入りますが、はてさて無事終了となりますかどうか。

シネマ ノヴェチェント開店まであと6日!

JUGEMテーマ:映画

内装作業も昨日であらかた終了となりました。
無理な注文にも応えてくださったゼファーの大窪社長、そして現場を少数精鋭で切り盛りして下さった壱岐さんと妻木さんには感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです。

映写窓の取り付けが終わり、ほぼ完成したシアター。
思った以上にゆったり鑑賞できる環境に仕上がりました。
西崎FMと精魂込めてシートの清掃作業を行いました。

最後列からみたスクリーン。
右の大きな箱は寄席の高座用のものです。
普段は出入り口付近のチラシ置きとして活用します。

テーブルとイス席。
椅子席はすべて腰掛が蓋式になっており、荷物などが入れられるようになっています。
カウンターチェアは本日納品される予定です。
夕方、片づけしているところに大窪社長がお見えになったので、「実録ヒットマン 北海の虎 望郷」をテスト映写。
映写室やバースペースとの防音もしっかりしており、映画に集中できる環境にはあらためて驚きました。

あとは出入り口の塗装を残すのみ。
そして、今日からいよいよ2月に突入です。
そういえば、2か月間のロングラン企画「サイド・バイ・サイド」日本版トークショーですが、第1回目となる2月22日のゲストが「舟を編む」などの藤沢順一撮影監督と、「それでもボクはやってない」などの栢野直樹撮影監督のお二人に正式決定しました。
日本映画界を代表する撮影監督の方々が、どんなお話をして下さるか、今から楽しみです!

 

シネマ ノヴェチェント開店まであと7日!

JUGEMテーマ:映画
昨日は内装作業もクライマックスを迎え、シアターも残すところ映写窓設置のみとなりました。

天井高がないので心配でしたが、意外とゆったり観れる感じに仕上がったのでホッとしました。
映写室もグリギャンに比べれば天国のような空間で、西崎フロアマネージャーもあこがれの35ミリフィルムを手に、俄然やる気を出していました。
本日はバースペースにベンチシートやテーブル、椅子などが搬入される予定です。
全てゼファーさんの手作りという、豪華な仕様です。
私と西崎FMはシアターの座席清掃作業に勤しむ予定です。
ところで、開店を前に、株主会議を行う予定ですが、今後の配給業務も踏まえ、大口株主を募りたいと思います。
我々と共にフィルム文化を守っていこうという奇特な方は当方までご一報下さい。
cineka2@yahoo.co.jp、あるいは080-7000-5660までどうぞ。

シネマ ノヴェチェント開店まであと8日!

JUGEMテーマ:映画
昨日はついに外看板がつきました。

茨木の絵看板師大下武夫さんによる古今東西の銀幕スターのオブジェを店舗外壁にズラリと貼り巡らせました。
通り向かいの花屋のおばあちゃんは裕次郎ファンなのでとても喜んでましたね。
内装作業も大詰めを迎え、今週中にはあらかた出来上がりそうです。
私とフロアマネージャーは鈴木映画のK嬢に35ミリ映写機のレクチャーを受けながら、「新仁義なき戦い/謀殺」と「実録夜桜銀次」の2本を試写しました。
プリント状態も良好、大雑把なテスト映写ではありましたが、まずは無事に終了。
明日はシアターの吸気・排気設備の工事が入りますが、その傍らで「実録ヒットマン/北海の虎 望郷」の映写テストを単独で行うつもりです。
それはさておき、残念なお知らせがあります。
2月14日に来場予定だった小沢仁志さんですが、海外ロケのスケジュールが押してしまい、今回は不参加となってしまいました。
楽しみにされていた方々には心よりお詫び申し上げます。
既に予約購入されている方で返金ご希望の方には、振込手数料も併せて返金させていただきますのでお申し付けください。
代替えゲストは調整中につき、発表は今しばらくお待ちのほどを。
 
<<back|<224225226227228229230231232233>|next>>
pagetop