September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

シネマ ノヴェチェント開店まであと76日!

JUGEMテーマ:映画

本日は配給関係にご協力いただいているKさんと溝の口で打ち合わせがてら呑みました。 呑みましたと言ってもいつもご馳走していただいているのですが。 Kさんはグリソム時代から陰日向にサポートしてくださった方で、今回は配給業務に全面的にご協力いただいております。 グリソム時代に果たせなかった自己配給の夢をスティングレイの岩本社長とともに叶えてくださった大恩人と言っていいでしょう。 今日の宴の中で、我々が応援してやまない矢崎仁司監督の新作の上映の話で盛り上がりました。 これから根回ししますが、来年のGW以降には実現したいと思います。

シネマ ノヴェチェント開店まであと77日!

JUGEMテーマ:映画
映画館を運営するにはもちろん上映するフィルム(あるいはデジタルソフト)が必要不可欠なわけで、そういった上映素材を供給してくれる配給会社さんとのお付き合いは非常に大事なものになります。
ザ・グリソムギャングを経営していた11年間で多くの配給会社さんとお付き合いさせていただきましたが、中には条件面で折り合いがつかず、お取引出来なかった配給会社さんも何社かありました。
シネマノヴェチェントとして再出発の暁には、そういった会社さんともパイプを作りたいと思っていたのですが、早々とミソがついてしまいました。
過去、お付き合い出来なかった配給会社さんのほとんどはあくまで条件面での折り合いがつかなかっただけで、その摺り寄せさえ出来れば取引出来たはずなのですが、業界11年程度の若輩ものの薄っぺらな経験値ではおよそ推し量れないこともあるのだと某ブラザーズさんが思い知らせてくださいました。
こちらにはグリギャン末期に「午前十時の映画祭」で使用したプリントの貸し出しをオファーした経緯があったのですが、その時はプリントは既にジャンクしてしまい、ブルーレイならブッキング可とのお返事をいただいたので、仕方なく辞退しました。
その後、こちらがオファーした作品があちこちの名画座でフィルム上映されたのを知りましたが、きっとあの時は勘違いされたのだろうとポジティブに考えていました。
で、今回、あらためてオファーの連絡をいれてみたのですが、プリントの有無以前に、新規開館するのにあいさつ回りもしないのは何事かとまずは一喝。
11年間業界の末席を汚しておりましたが、そんな慣習があるとはつゆ知らず多くの配給会社さんとお付き合いしておりました。
菓子折りの一つも持って頭を下げてくるのが筋だろうと言うことらしいのですが、小売業の経験が長かった当方からすると劇場が小売店とすれば、配給会社は問屋であり、問屋にとって小売店はどんなに小さかろうがお客であるはずです。
小売店が問屋に菓子折りを持って挨拶に行く話など聞いたことがないので(というか、普通はこの逆です)、齢50を過ぎていながらお恥ずかしいお話ですが、本当に驚いてしまいました。
他に興行組合に入っているのかとか、取引相手は徹底的に調査するので時間がかかるのとか、キャパ28席の小屋がウチと何十万、何百万の取引が出来るはずがないとか、こちらがなにか悪いことでもしているかのように捲し立てた挙句、そちらとの取引はご遠慮申し上げると一方的に電話を切られてしまいました。
私は11年間、配給会社さんの請求書を踏み倒したことは一度たりともありませんし、興行組合にも加入しているし、調査したければしていただいて結構ですし、支払いは前金でかまいませんとも答えたにも関わらず、です。
お客なんぞいくらでもいるさと余裕をかませられる、アベノミクスの恩恵に預かっている会社などそうそうありゃしないと思っていましたが、どうやら間違いでした。
邦高洋低の興行界にあってもこういう対応が平然と出来る某ブラザーズは明らかに勝ち組の大会社です。
こういうボヤキを書くのもどうかと思ったのですが、某ブラザーズ配給作品をウチで上映することは永久にないでしょうから、そのご報告も兼ねてということで。

シネマ ノヴェチェント開店まであと78日!

JUGEMテーマ:映画
本日は店内清掃がてら先だって撮影してきたスターの絵看板データを觀觜藝の堀池さんから受け取ってきました。
撮影時点ではよもやお亡くなりになっているとは知らなかった健さん。

健さんは他にも任侠映画の一場面を描いた特大版もあったのですが、撮影し損ねてしまいました。
失敗でした・・・。
ハリウッドスターのお気に入りと言えばやはりこの方

そして、うーんマンダム!

これらの名画がノヴェチェントの外観を彩ってくれる予定です。
楽しみだなー。

シネマ ノヴェチェント開店まであと79日!

JUGEMテーマ:映画
週末イベントのゲストですが・・・

こちらについては、どなたにお声掛けするか熟考中です。
何しろ出演者のメンツがスゴイですからね。
イベントは上映期間中の土日祝5日間を予定しているので、かなり重厚なイベントになると思います。
また、関連作品の上映も期間内に行う予定なので、更に豪華な顔ぶれが揃うことになるやも・・・です。
乞うご期待。
で、そちらに先駆けいち早く決まったのが、第2弾上映牘沙涯溶再箪”におけるこの方。

http://ameblo.jp/hamada-mitsuo/
グリギャン時代に「アイアンキング」上映会にお越しいただいたことがありますが、今回は日活青春スターとしてご登壇いただきます。
スケジュールが許すようであれば、出演されている2作品の上映時にお越しいただく予定です。
グリギャン名物だったロングトーク復活させますのでお楽しみに!!

シネマ ノヴェチェント開店まであと80日!

JUGEMテーマ:映画
上映は1日3本、各1回上映を原則とします。
平日は上映のみ、週末は上映+トークショーなどのイベント付き。
で、こけら落としはもちろんこれと

それからこれ。

そして続いての番組は







で、只今ゲスト交渉中。
 

シネマ ノヴェチェント開店まであと81日!

JUGEMテーマ:映画
昨日は「SAS<特殊部隊>人質奪還指令/ファイナル・オプション」のビジュアルデザインを担当していただく株式会社ビーモの中平一史社長と、HPデザインなどをお願いしている有限会社結工藝の堀池仁社長と新宿で呑みました。
同世代の映画ファン同士、映画記憶が共通するだけに話は尽きないのですが、今回のノヴェチェント立ち上げにはそういう方々のご支援、ご協力なくしては実現しなかったとあらためて感じ入った次第です。
昨日、一番盛り上がった話題は年末で閉館となる新宿ミラノ座(どう館名を変えようとも、我々にとってはミラノ座であり、新宿東急であり、名画座ミラノなのです)のファイナルプログラムについて。
世代によってミラノ座ならこれというシャシンは異なるでしょうが、我々世代にとってはやはり「タワーリングインフェルノ」、「ジョーズ」といったパニック映画のイメージが鮮烈です。

封切り2日目の日曜日に朝7時前から並んで観た「ジョーズ」の劇的な面白さの記憶は、新宿ミラノ座の映画館ならではの佇まいの思い出と共に死ぬまで消え去ることはないでしょう。
ノヴェチェントはミラノ座とは比べ物にならない、あまりにも小さな小屋ではありますが、ウチでご覧になった映画が、ノヴェチェントと共にお客さんの思い出に焼き付けられるようになりたいと思っています。
 

シネマ ノヴェチェント開店まであと82日!

JUGEMテーマ:映画

そろそろオープニングチラシをこさえなければならないので、番組も2ヶ月分は決める必要があります。 オープニングはかの映画に内定しましたが、後続番組はちょいと条件が折り合わないので先送りする可能性が出てきました。 高齢者が多い地域だけにオールディーズでお客さんを取り込み、地盤を固めるのがやはり無難でしょうね。

シネマ ノヴェチェント開店まであと83日!

JUGEMテーマ:映画
本日は株主Hさんと内装工事の慣らし作業2日目。
先週はベンチシートのバラしにてこづったHさんでしたが、要領を得たせいかサクサクと解体作業を進めます。

一方私はトイレ清掃を終え、バーカウンター内、厨房内の壁と床の清掃。

ベンチシートの解体をしていると床に硬貨がゴロゴロ落ちており、バーカウンターの床にもゴミに混ざってこれだけのお金が落ちていました。

前のお店はよほど客筋が良かったんでしょうね。
私もあやかりたいものです(笑)。
<<back|<270271272273274275276277278279>|next>>
pagetop