November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

本日、RFラジオ日本(AMラジオ1422)『ヨコハマ・ラジアンヌスタイル』に生出演!

JUGEMテーマ:映画
急遽、本日RFラジオ日本(AMラジオ1422)『ヨコハマ・ラジアンヌスタイル』に生出演することになりました。
明日はFMヨコハマに生出演だし、なにやらラジオづいた1週間になってしまいました。
それはさておき、出演時間は13時15分頃から約5分、14時35分から約5分と2回に分けての放送となります。
聴けそうな方はぜひ。
リスナー特典でもつけようかと思っていますので。

ご当地映画祭9/12「獅子舞ボーイズ」上映後ゲストに主演の皆本麻帆さん追加参加決定!

JUGEMテーマ:映画

9/12 16時からの「獅子舞ボーイズ」上映後のトークショーゲストに、市川徹監督に加え、主演の皆本麻帆さんの参加が決定しました!

また、「獅子舞ボーイズ」上映期間中、劇中で重要なアイテムとなる菅笠関連の特製グッズも販売します。

お楽しみに!

新作レビュー

ワンオペ続きでろくすっぽ映画も観られなかったので、今週はガンガン観ます。

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター ☆☆☆★
ジャクソン、スティーブンス、レビン、ブロードベントら多彩な親父キャスティングに癒されるが、テロ映画としては穴が多すぎて身が入らず。主役のジャリに可愛げがないのもマイナス。キャスティングとロケーションがいいので★一つオマケ。

S 最後の警官 ☆☆
ビッグゲームが傑作にみえる出来損ないのテロ映画。国の一大事の最中に子供が生まれただの、息を吹き返しただの私用でウダウダ、著しく緊迫感をそぐ。というか、テロ・オダジョーの要求をホイホイ聞く特殊部隊責任者、元首の情けなさに終始イライラしっぱなし。これを観ると「ファイナル・オプション」がいかに良く出来ているか思い知らされる。

テッド2 ☆☆☆
下ネタよりも80年代ネタが絶妙だった前作だが、今回は下ネタに比重が傾いたせいもあって、笑いの質が落ちた。テッドの人権問題をテーマにするならもう少しお話を作りこまないと、ね。いっそのこと裁判モノに特化した方が面白くなったかも。

私に会うまでの1600キロ ☆☆☆★
リース・ウィザースプーンが製作も兼ねた実話ロードムービー。秀作「ダラスバイヤーズ・クラブ」のジャン=マルク・ヴァレメガホンだけあって、人間の弱さと強さの両方を描けている点は認めるが、カットバック手法が全面的に上手くいっているとは言い難い。母親役のローラ・ダーン、若し!

猫侍 南の島へ行く ☆☆★★
AMGエンターテインメントの動物シリーズ最新作だが、予算のなさがあからさまな安普請な作りに興醒め。主演の北村一輝が脚本も手掛けているが、餅屋は餅屋、御大永森裕二に任せておけばよかったのに。LiLiCoを使うなどキャスティングも問題あり。動物映画シリーズ最低作と言わねばならず。

映画 みんな!エスパーだよ ☆☆☆★
怒涛のごとく作品を連発する園子温最新作。さすがに出来にむらが出てきたが、前作「ラブ&ピース」と並んで、園子温らしさが明確に出ていて、ファンなら楽しく観ていられる。エロっていってもパンチラと胸の谷間主体で、モロダシ以上にエロティシズムを醸し出すのだから、やはりセンスは凡百の監督では到底及ぶまい。常連深水元基のエスパーぶりが秀逸。
<<back|<394395396397398399400401402403>|next>>
pagetop